おはようございます、小森亜希斗です。

 数日前になりますが三重県民の森で強度の高い練習をしてきました。

 その練習結果です↓

2160913

20160913-2


 最大心拍数が187bpmまで上がっているのでかなり限界まで追い込んで練習したという事になると思います。

 ここまで心拍数が上がる事が良いのか、って言うと疑問も有るけど、現時点では追い込めるなら追い込んだ方が良いだろう、っていうのが僕の考えです。

 心拍数で見たときに最大心拍数に対して100%に近づければ近づくほど短時間での心肺機能の強化や最大酸素摂取量が向上する効果が期待できるからです。

 ただ、やり過ぎる事で身体の不調を招く可能性もあるので注意が必要なのかもしれません。


不調?

 という事で久しぶりに三重県民の森を5周全力で走ってみたのですが、ショッキングな事に前回、同じように三重県民の森を5周走った時に比べて1分近くタイムが落ちていました。

 ⇒前回の練習記録



 前回、三重県民の森を5周全力で走ったのは5/2だったので約4か月前の事。

 この4か月間の間に故障が3回あったとは言え、かなり色々と練習を積んできたので走力が落ちているわけが無い・・・。

 自分ではそう思っているのでこの結果はかなりショック。


 だけど、ただ落ち込んでいるだけでは前向きでは無いので、何故4か月前に比べてタイムが落ちているのか?という部分に向き合って原因を考えてみます。

練習の疲労が蓄積

 4か月前と比べて今回は何が違ったか?気温や天候はほぼ同じぐらいだったので、走る環境は悪くなさそう。

 そうなると、自分自身に原因が有りそうです。

 自分自身が原因って考えると、原因は疲労の蓄積かな、って思いました。



 ここ2週間ほどの練習を振り返ってみると、走るトレーニングはそこそこなんですけど、自転車を使ったクロストレーニングに身体を鍛えるBCTを追加で行っています。

 僕は普段は練習の疲労が残る事はほとんど無いんですけど、走る以外のトレーニングを始めたせいか、この日の前後はかなり疲労を感じていました。

 いざ練習となれば走れるんだけど日常生活的にはちょっと無理している感じ。



 疲労が残っている状態でタイムを取った事が無かったので気付かなかったけど、疲労が残っているとタイムはやはり遅くなる、っていう事ですね。



 そう考えると疲労を残さないようにする、っていうのはすごく大事。



 練習でタイムが遅いのは仕方が無いと思うけど本番で疲労が残っていてタイムが遅くなるようじゃせっかく練習をしているのにその意味が無くなってしまいますからね。



 僕の話ですが、もうすぐ開催の御嶽山ハーフマラソンにエントリーしています。(あと1週間)

 疲労が残らないように調整をしていく必要が有りそうですね。

まとめ

 という事で三重県民の森での練習記録とこの日に気付いた事でした。

 来週の御嶽山ハーフマラソンに疲労を残さない為には高強度の練習は、今日か明日ぐらいで切り上げて疲労回復に専念する必要があるな、って思いました。

 という事で今日は御嶽山ハーフマラソン前の最後のポイント練習という事で三重県民の森を5周、全力で走って来ようと思います。


 ここ数日の練習はランとバイクは止めてBCTだけにしていたので疲労は感じない状態です。この状態で走って、ぜひ4か月前のタイムを更新してきたいと思います。

 というか4か月前のタイムを更新しないと、自信を持って来週の大会に臨めなさそうなので頑張ってきたいと思います。



 では!

 小森 亜希斗

投稿者プロフィール

小森 亜希斗
小森 亜希斗
2016年4月よりランニングを開始。
33歳からのスタートでどこまで行けるのか!?

【自己ベスト】
10Km 43:48  鈴鹿サーキット
ハーフ  1:34:27  お伊勢さんマラソン
フル   3:48:45  富山マラソン