rp_00920.png


小森三紀子です。


先月、うちの主人が鈴鹿サーキットで開催された鈴鹿エンデューロというものに参加してきました。


%e8%b5%b000811




パッと見た感じ、明らかに男性の率が高かったです。

女性は、20人すれ違った中で1人いるかどうかくらい。



それも、選手じゃなくて応援の人も含めてそんな印象だったので、とても少数はなんだろうなって思いました。


主婦がロードバイクに乗れるのか

間近でロードバイクやクロスバイクなど本格的な自転車を見て、少しだけ自転車に興味を持ち始めた私。

大会に出ようとは思わないけど、毎日の買い物や少し外出したいなっていう時の移動手段としてロードバイクに乗るのはアリだなって思えるようになりました!




しかし、ちょっと冷静に考えてみると自分のような主婦層の女性がロードバイクでスーパーへ買い物に行く姿って見たことがありません。

男の人で、それもガチの自転車用のウェアを着た姿の人ならたまに見かけるけどw


周りでいない=主婦でロードバイクに乗る人はめちゃめちゃ少ないってことだと思います。



私が住んでる三重県いなべ市は車移動が主流なので、歩行者も少ないんですよね。
見かけてもおばあちゃんくらいです。


でも、ロードバイクも乗ろうと思えば主婦でも楽に乗りこなすことが出来るんだなって実感できました。

初心者の主婦がロードバイクに慣れるために実施すべきこと

私が初めてロードバイクへ乗ろうとしたとき、サドルの位置が高すぎて困りました。

効率よくスピードを出せるように、乗っている間は常に前傾姿勢がとりやすいようにサドルの位置を高くするそうです。



この場合、最初からまたがるのではなくて、自転車が動き出してからサドルの上に座るらしいです。
(停止している間はサドルに届かない位置にいる)




私が主人からアドバイスを受けたのは、こんな要素。

・慣れるまではサドルを下げる
ヘルメットは必ず装着する
・自転車に引っかかったり、危なっかしい服装を避ける(動きやすい服装を求める)
停止するときはサドルから降りる(足が地面に届かないから)




そんなわけで、私が乗ってる時のロードバイクのサドルは、一番位置に下げてもらいましたww

ただし、慣れたら元に戻せと言われています。。。。





そしてこのアドバイスの通りにしてみたら、ロードバイクの運転もそんなに怖いと思いませんでした。



他の自分が過去乗ってきた自転車よりも重量が軽いし、坂道もギアチェンジだけで少し負荷を化すくしたり。。。なんていうのも出来るらしいです!


乗りやすさと安全性に備える

私の中で最も危険なロードバイクの乗り方は、ヘルメットをかぶること。
それから、サドルの位置を乗りやすい状態から高く調整していくこと。


サドルに関しては、慣れてきたら徐々に高さを上げて行こうって言われています。

前傾姿勢が作れないと、出せるスピードが半減してしまうらしいです。

あとロードバイクに乗る理由として、私の場合は来基本的に買い物なのですが、いずれトレーニング目的になることを想定するのであればそれなりにスピードが出せるようになるので、安全性には余計に神経を使わないといけません。



これはまぁ、ロードバイクに乗り続けることを選択する場合に限られますがw

それでも私はロードバイクに乗らないといけないから・・・ひとまずロードバイクに乗る頻度を増やして、トレーニング時間を確保するというのも1つの手です。




あと余談ですが、わたし自転車が止まった状態でサドルに乗っていないと運転できない人なんですよね。

片足だけペダルに乗せて、勢いが出てからサドルを跨ぐっていうのが無理!!!w


まとめ

主婦でもロードバイクに乗れるものなのか、自らの実体験をもとにまとめてみました♪



今回注目すべきポイントは、以下の2点。

・自転車のサドルの高さを下げる
ヘルメット装着の徹底ぶり



この2つを取り入れると、初心者でロードバイクに慣れていない主婦の方でも、恐怖心を抱くこと無くロードバイスに乗りやすくなるのではないかと思います。


というわけで、私がそうだったように・・・主婦の方でも気軽に始められそうな予感がしました。


ではまた♪



小森三紀子

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29