こんにちは、小森亜希斗です。

 1ヶ月前の話になりますが2016年12月18日、鈴鹿サーキットで開催された鈴鹿シティマラソンに参加してきました。

20170120



 鈴鹿シティマラソンの魅力は何といってもF1も開催されるようなレーシングサーキットを自分の脚で走れる事。

 これはF1とかのカーレースが好きな人にとってはたまらなく嬉しい事だと思うし、そうじゃない人にとってもサーキットを走るのって面白いと感じるのではないかな、って思います。

 僕自身、鈴鹿サーキットを自分の脚で走るのは今回が初めてだったんですけど、やっぱり通常のロードレースとは違った走り味で面白かったです。


距離は2種目(大人)

 鈴鹿シティマラソンでの競技種目は

 ・障害者
 ・一般
 ・小学生
 ・ファミリー

 というカテゴリ分けで参加者を募集しています。

 健常者の大人の場合、一般種目に参加する事になるんですけど、その中でも距離別に2種目あって、

 ・5.6Km
 ・10Km

 の2つになります。

 5.6Kmの場合だと鈴鹿サーキットを1周、10Kmの場合は鈴鹿サーイットを変則で2週という形で走ります。

 僕は今回は10Kmに参加したので変則2周を走りました。



 鈴鹿サーキットを走ってみてゴール後に感じた感想は、

 「楽しい、けど「つらい」」という感じでした。


コーナー、高低差、路面

 鈴鹿サーキットを走ってみて、一般的なロードレースと比べて大きく感じた違いは3つ。



 まずはコーナーが多い。

 F1が走るようなサーキットですからね、コーナーが有って当然。

 
 ただ、直線って言える直線はホームストレートだけなので、常に曲がりながら走っているような感覚はありましたね。

 でも今回は距離が10Kmと短かったのでコーナーでの負担が脚に来るような感覚は無かったです。

 タイムには影響出たかもしれませんけどね。


 でも逆に一般道で言う曲がり角(90°のコーナー)


 次に高低差。

 これが一番きつく感じた部分なんですけど、鈴鹿サーキットって平坦な部分ってほとんど無いんですよね。

 ずっと登りか下り。

 高低差は40mぐらいなので高低差だけ見ていると大した事は無いんですけど斜度がきつい。

 ホームストレートを超えたあとの第2コーナーからダンロップコーナーまではずっと劇坂なのでここが大変。
 

 坂が得意な人、特に登りが得意な人にとっては有利なコースだと言えますね。

 僕も同じタイム帯の人と比べると登りが強い方なので、登りでだいぶ追い抜く事ができました。



 でも、逆に登りが苦手な人にとっては難コースだと言えそうですね。

 そして路面。

 サーキットは一般道と同じアスファルトでは有るんですけどアスファルトの種類と厚みが違うらしく、一般道に比べて固い、との事。

 路面が固いと脚への負担が大きくなるので要注意・・・ではあるのですが、今回は10Kmという短めの距離だったので路面の固さが脚に来る、という事はありませんでした。



 逆に高速走行に対応しているだけあって、路面自体は滑らか。一般道に比べてかなり走りやすいと感じました。



 以上の3つが鈴鹿サーキットを走ってみてロードレースと大きく違うなって感じた事でした。




まとめ

 まとめて感想を言ってみると、マラソンコースとしては走りやすいコースだったんじゃないかな、って思っています。

 
 登りが得意か不得意かで印象は変わるかもしれませんけど、登りが得意な僕にとっては良いコースでした。



 ただし・・・

 タイム的にはベストが出るようなコースでは無いです。



 今回の僕の記録は

 43:48

 という事でベストタイムからは1分ぐらい遅いです。ベストタイムが出ない理由は高低差でしょうね。

 逆に個人的にはこの高低差で考えると良いタイムが出ていると思うので、高低差以外でみると走りやすいコースだと言えます。

 まぁ、鈴鹿サーキットはランニングでベストタイムが出るようなコースでは無いので鈴鹿サーキットって言うコースの雰囲気を楽しむ大会だと言えますね。

 会場は人がたくさんいて楽しい雰囲気だったし、遊園地の中にも入れたので参加料で考えるとお得感もあります。

 大会としてもおススメなので鈴鹿サーキットで走る事に興味が有る方は一度は参加してみると良いと思います。


 という事で鈴鹿サーキットを走る鈴鹿シティマラソンについてでした。



 では!


 小森 亜希斗

投稿者プロフィール

小森 亜希斗
小森 亜希斗
2016年4月よりランニングを開始。
33歳からのスタートでどこまで行けるのか!?

【自己ベスト】
10Km 43:48  鈴鹿サーキット
ハーフ  1:34:27  お伊勢さんマラソン
フル   3:48:45  富山マラソン