ラン167

小森三紀子です。

2017-2018マラソンシーズンの最後のフルマラソンに向けて、脚のケアに専念しております~

私がシーズンラストのマラソンに選んだのは、3月11日開催の名古屋ウィメンズマラソン2018です。



この名古屋ウィメンズマラソン2018でフルマラソンを走って、しばらくマラソン大会とはサヨナラしますw

シーズンラストということで気合も入ってますが、今回はフルマラソンの前にやるべき準備として脚のケアの話をまとめたいと思います。


ランニング疲労は必ず残る

ランニングをしていると、どうしても身体に疲労が蓄積されます。

走り終えた後にストレッチやマッサージをしても、筋肉が受けた疲労を100%取り除くことは不可能で、必ず残るものなんです。

分かりやすいのが筋肉痛ですね。

痛みを感じていなくても、実際に触ってみると「太もも」や「ふくらはぎ」が硬くなっていたりします。



これらの症状はランニングによる疲労で筋肉が炎症を起こし、収縮&固まった状態にみられるものですから、走り終えた直後から疲労が緩和されるまでしっかりケアしてあげましょう!


セルフケアの例

ランニングの疲労をケアする手段はいろいろあって、その中でも一般の市民ランナーでも可能なセルフケアの例を紹介します。

プロの陸上選手ではない一般人の市民ランナーでも実施できるセルフケアの代表は、[アイシング][ストレッチ][マッサージ]の3つ!

さらに深いお話をすると、セルフケアには「走った直後のケア」「繰り返し実施すべきケア」があります。


[走った直後のケア]
・クールダウン(ジョギング)
・アイシング
・ストレッチ
・マッサージ



トレーニング負荷が高かった場合や、痛みや疲労感が残っている場合には、繰り返しセルフケアを実施しましょう。

[繰り返し実施すべきケア]
・アイシング
・アイスバス(水に氷を浮かべたお風呂)
・交代浴(アイスバスと暖かいお風呂を交互に浸かる)
・ストレッチ
・マッサージ


専門家の治療

セルフケアを実施するのとしないのとでは、身体に蓄積される疲労(ダメージ)が全然違います。

ランニングによる怪我や故障が多いランナーは、このセルフケアが不十分であることが多いのです。

セルフケアを徹底するだけで、身体の状態が改善されると思いますよ。


でも、セルフケアだけではランニングの疲労を100%取り除くことは難しいのです。

人間の身体の筋肉はとても複雑に絡まり合っていて、ストレッチでケアできる部位もあれば専門家の治療を受けないと疲労が蓄積され続ける部位もあるんです。



たとえば膝の周りなど関節の周囲は疲労が溜まりやすいにも関わらず、セルフケアはかなり困難な部位です。

自分でマッサージしていても、効いているのか危ういと思うことが多いですw


その点、接骨院や整体へ行けば整体師さんによって、専門家による的確なマッサージで筋肉を揉み解してくれます。

自分では届かない部位を適度な力加減でケアしてくれるので、非常に効率的です。


重度の場合は鍼治療も

今の私がそうなのですが、

「脚が痛くて走れない」っていうくらい重度の場合にはマッサージ以外にも電気を流したり鍼治療が実施されることがあります。


鍼治療のメリットは、固まった筋肉にピンポイントで施術できること。

手のマッサージは皮膚や脂肪に邪魔されてしまうので、奥底に潜んでいる炎症に届きにくいのだそうです。



一昨日から鍼治療を始めていただいたのですが、初めてだったので凄く緊張しましたww

今日も午前中につばき接骨院さんへ行ってきて、ブログ用にお写真を撮らせていただきました♪

ラン171

※電気を流すことで血流を良くし、回復効果を高めています。

基本はベッドに寝た状態で施術を受けるんですが、私が「写真撮りたいです」って伝えたら、ベッドに横座りさせてくれました。

鍼が刺さった状態で身体を動かすと筋肉が動いてしまうから、と。

物凄く痛いらしいっす。


おかげで足場用の台と、本来は仰向け時の膝裏に使う枕を肘置き代わりに用意していただいて、良い写真が撮れましたwww(先生は私がブログ書いてる事を知ってる)




施術内容が増えるほどに治療費が加算されるのがネックではありますが、重度の症状であったり「なるべく短期間で早く治したい」という患者さんには鍼治療をおすすめしているそうですよ。


まとめ

マラソンランナーがマラソンを走る前に実施すべき準備として、脚のケアに関する話をまとめました。

■走った直後のセルフケア
■繰り返し実施すべきセルフケア(痛みや疲労感に合わせて)
■専門家の治療を受ける



ランニングの疲労を100%取り除くのは不可能と思って良いくらい難しいことですので、マラソンの準備に迷ったら身体のケア、とくに脚のケアに専念するのがおすすめです。



ではまた!

小森三紀子

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29