%e8%b5%b0172

小森です。
主人と一緒に参加することになった第2回飛騨御岳ハーフマラソン、無事に完走してまいりました!!!


結果と反省。。。

今回のタイムは、2時間31分37秒
順位は39歳以下の女性35名中、16位良くも悪くも無い結果になりました。

%e8%b5%b0168


今回、ハーフマラソンが初めてだった私。

初めての割りには、頑張れたかなぁというところだけれど、標高差230メートルを越える御岳山で後半の4キロ弱の上り坂は完全に脚が上がらなくなってしまい、歩いてばかり。

逆に前半10kmは、初めて余裕を持ってクリアできた感覚がありました。
(※10kmを走りきることが自分の壁だった。)



今回の反省点、いわゆる今後の課題というやつですが、大きくまとめると以下の2点かなと思います。

長い距離を走るためのペース配分
下半身の筋肉の強化



長い距離を走る事自体に、私の身体は慣れていません。

最長15kmくらいの距離を過去2回ほどしか走れた経験が無いので、そもそも長距離ランの身体の使い方
からペース配分まで備わっていなかったみたい。


長距離を走るとき、坂道を登るときにはお尻の筋肉が必要なんだそうです。

お尻の下のほう、足の付け根くらいですかね。



原健介氏が考案した速く走るための身体づくりを目的とした「BCT(ベース・コントロール・トレーニング)」のメニューにある、ヒップリフトヒップリフトキープという動きでピンポイントに強化することができるようです。


初心者ランナーが押さえておくべき作戦とは?

私は上記で述べたように、ハーフマラソンを完走できたものの、タイムや順位は良くも悪くも無いレベルです。

ランニングを本格的に始めようと思ってから、まだ半年ほどしか経っていない、初心者ランナー。

おまけに50メートル走を2桁で走る、極度の運動音痴ですww

そんな初心者ランナーからスタートした私が感じた、マラソン大会に参加する上で押さえておくべき作戦があります。



・ペース配分
・走る姿勢を崩さない(歩かない)
・ランナーとしての身体作り


この3つです!



1つ目のペース配分

距離が長くなるほど、最初に頑張りすぎたら後半の体力が持ちません。
辛いところ、自分が苦手なところで無理をしてしまうと、肝心なところで力を発揮できなくなります。



上り下りが激しい山の場合は、傾斜に加えて酸素濃度というダブルパンチが待ち受けているので、著しく体力を消耗してしまう可能性があります。

坂道では膝などを故障してしまうこともあるので、下りだから飛ばしていこう!!とペースアップすると痛い目を見たりする人もいるので注意が必要です。


人によって上りと下りの好みがあるようで、私は下りが苦手で、“ゆるやかな”上りは得意みたい。
だからいつも下り坂では、これでもかというくらいペースを落としますwww



2つ目の走る姿勢を崩さない(歩かない)。

10㎞のマラソン大会のときからずっと意識していることです。
ほんとは今回もこれを貫き通したかったのですが、どうしても後半4キロ弱では身体が限界でした!><

明らかに歩いたほうが速いペースだし、今の状況なら歩いたほうが体力の消費も減り、坂が無くなればゴールまでダッシュする余裕が出来る。
そんな限界ギリギリの賭けに出てしまうほど身体が悲鳴を上げていました。



けどほんとはね、1度歩いてしまうと再び走るのがとてつもなくしんどいのです。
全身が重たくて、脚が上がらない。
上げたいんだけど、うまく身体が言うことを聞いてくれない、そんな自体に陥ります。





私の中の感覚として、何十分も走っていると体内の胃や小腸がある辺りに空気が溜まるような感覚が宿ります。

しかし立ち止まったり歩いたり休憩を挟んでしまうと、この溜まった空気が下にズンっと降りる感覚に変わります。



このズンっと降りる感覚を味わってしまうと、再び走り出すのがとても苦痛です。
身体が走る事を拒否する感じ。


最近発見したこのお腹の中の感覚なのですが、おそらく長距離を走った事がある方なら伝わる感覚ではないかと、、、思いたい!!





3つ目のランナーとしての身体作り

先ほどチラッと話に出した、「BCT」というトレーニングがあります。

これは原健介氏が考案した、ランナーのための速く走るための身体づくりを目的としたトレーニング。
身体の基礎を鍛えて、より速く無駄の無い動きが出来る身体に近づけるために効果的な中身になっています。

最近は主人と一緒に、この「BCT」のテキストを熟読しながら家のリビングでヨガマットを敷いてトレーニングに励んでいます。
%e8%b5%b0160
私の場合、筋肉量が足りなさ過ぎて出来ないメニューも多いけど><



身体の基礎を磨くには、この「BCT」が最も近道だなって思います。



あとは、距離に慣れる練習を取り入れること。
これは1つ目のペース配分に繋がってます。

最終的にとんでもない長距離に挑むわけなので、1㎞とか3㎞なんて短い距離だけでは身体を作るのは不可能です。


おわりに

初心者ならではの抑えるべきポイントをまとめてみました。
参考になれば嬉しいです♪



ではまた。

小森三紀子

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29