ラン183
小森三紀子です。

名古屋ウィメンズマラソン2018を走ってみて感じた感想をまとめたいと思います

今回は
「スタートまでの流れ」
「コースの雰囲気」

について紹介します!

走った人しかわからない衝撃の事実があるかもw


入場からスタートまでの流れ

名古屋ウィメンズマラソンに参加するランナーは、ナゴヤドームの駐車場へ入場するところからスタートブロックへ整列するまで、一連の流れに乗って進みます。

〈名古屋ウィメンズマラソンの一連の流れ〉
1、ナゴヤドーム駐車場から入場
2、手荷物預ける
3、一瞬ドーム内を通って、外へ出る(手荷物預ける場所によっては直通)
4、お手洗いを済ませてスタートブロックへ整列


こんな流れに乗って、スタートブロックへ進んでいきました♪

先輩ランナーからの教え

名古屋ウィメンズマラソンは初めて出場したので、一緒に参加する先輩ランナーさんの後ろで色んな教えを乞いながら移動しました!

1人だったらきっとテンパってたと思います。姉さんの存在は偉大だぁ

そんな先輩ランナーさんからの教えによると、

「物を落としても拾えない=捨てたと思え」
「仲間と離れる=次会うのはゴール後だと思え」

だそうですw


また、逆走、立ち止まる行為は禁止!!

こんな覚悟を持って、マナーを守り、係員さんの誘導に従って進みましょうw

ルールを守らないと道が塞がっちゃうので、後ろの人達が前に進めなくなってしまいます。



荷物は、ランナーエリアへ入場する前に全て手荷物預かり袋に入れておくのが正解のようです。
なぜなら、立ち止まれないからwww

不要な上着類は脱いで、スタート前のゼリーやサングラス等は手に持って入場エリアに向かいましょう。

一緒に行動した先輩ランナーさん達はカッパを着用のもと、ビニール袋紙袋にドリンクなどスタート前に摂取したい補給食を入れて持ち歩いてました。さすが!!

ナゴヤドームを出てスタートブロックが見えてからは、まずお手洗いの列へ並びました。

回転の速いところの列で、1回20~30分ほどでした。
連続で2回並んで整列時間ギリギリでしたが、尿意に悩まされることなくスタートできました♪


名古屋ウィメンズマラソンは走りやすい?

名古屋ウィメンズマラソンのコースは評判が良いみたいです。

2年連続で初めてフルマラソンに挑戦したエリートランナーが日本人1位に輝くなどニューヒロインも誕生しやすいみたいですね。


名古屋ウィメンズマラソンは走りやすいと言われる理由は、以下にあるんじゃないかと思います。

■アップダウンが少ない
■車線が多いのでコースの道幅が広い
■折り返しが多い(良くも悪くも変化が少ない)
■気温が熱すぎず低すぎず丁度良い日程である



アップダウンを感じる傾斜は2箇所(折り返しエリア内)なのですが、個人的には単調なコースを走っている中で良い気分転換になるな~という印象で、むしろ好印象でしたw

20㎞を過ぎたあたりなので、後半戦に向けて気合も入ります!

また開催時期の3月10日前後という時期は寒さが和らいでくる頃ですから、ランナーにとっても沿道で応援するほうとしても快適です。


ちなみにコースの景色ですが、正直似たような風景が多いので面白みは無かったですw

個人的には市役所や名古屋城付近を通る20㎞~35㎞は自然が多かったり、ハーフを走るランナーの存在も無くなって道幅が一段と広くなったり、景色の変化から気分も変わって楽しかったです。



地面の印象

名古屋ウィメンズマラソンのコースである名古屋の地面は、アスファルトコンクリートが混合したような独特な地面です。

そこそこ古い道路もありますから、所々に工事で掘り起こしたと思われる凹凸もあります。


こういった要因から地面からの衝撃は強く、とくに路肩側を走っていると足元がふらつきやすくて走りにくい印象を受けました。


まとめ

名古屋ウィメンズマラソン2018で初めて女性限定のフルマラソンを経験しました♪

いろんな感想があるんですけど、今回は「スタートまでの流れ」「コースの雰囲気」についてまとめてみました!



参加したランナーしかわからない、スタート前の手荷物預ける作業や整列までの一連の流れ。

なぜ名古屋ウィメンズマラソンが走りやすいと言われるのか。



個人的な感想も混みでレビューさせていただきました!

とくに先輩ランナーからの情報はとっても役立つ内容でしたので、来年以降もきっと知っておいて損はないと思いますw


ではまた!

小森三紀子

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29