こんにちは、小森亜希斗です。

 4/16の加賀温泉郷マラソンから約1ヶ月が過ぎました。この1ヶ月間、来年に向けての目標と計画を考えていました。

8164612 - 3d man reading a boock, isolated on white



 ちなみに次回のレースは10/29の富山マラソンになります。

 目標は富山マラソンでサブ3.5!

 と言いたい所ですが、現在のフルマラソンの記録が4時間19分台である事から考えると着実なステップを踏むためにはまずサブ4を狙う、というのが現実的です。


 という事で2017年の富山マラソンでサブ4以上を目指す事が今から5ヶ月間の目標になります。


5ヶ月間の練習計画

 4/16の加賀温泉郷マラソンでは3/5の静岡マラソンでの課題を克服する為の練習期間が1ヶ月半しかなかった為、十分な練習が出来ませんでした。

 しかし、今回は次回レースまでこのブログを書いている時点から5ヶ月半という期間が有るので自分自身の課題を克服する為に練習計画を立ててじっくりと取り組んで行こうと考えています。



 
 ここで言う僕自身の課題は筋持久力の向上!

 2016年度シーズンに参加した3つのフルマラソン大会では3回とも足の筋肉の痙攣によって走れなくなってしまいました。

 つまり筋持久力が弱いんです。



 ちなみに現在のフルマラソン以外の各距離の記録は

 
・5000m 20:30
・10K  43:35
・ハーフ 1:36:40

 という感じ。



 ハーフまでの記録を元にフルマラソンの記録を想定してみると大体サブ3.5が狙えそうな記録を持っているんです。なのに、フルマラソンになるとゴールまで4時間以上かかってしまうという事は筋持久力が足りない、という事が分かります。

 主観的に見ても記録からも見ても筋持久力が足りないのは明らかなので筋持久力の向上が今の僕の課題になります。


まずはジョギングとLSD

 筋持久力を鍛える為に必要な練習は長い距離を走る事。その為に必要な練習はジョギングとLSDだと僕は結論付けました。

 LSDは加賀温泉郷マラソンの練習の時にも取り組んでいたけど、今後も継続して取り組んで行きます。

 少なくても5月・6月は出来れば毎週、少なくても月に2回は3時間LSDに取り組む事で長い時間走る事に身体を慣らす事と筋持久力の向上を図りたい。



 そして、3時間LSDを高負荷練習(ポイント練習)とした時に、つなぎとしてジョギングを入れます。

 ジョギングも7:00/Km程度のLSDペースで日当たり7Km~13Km程度、という低負荷に抑えます。


 ジョギングを低負荷で抑えるのは、ジョギングの目的が走行距離を稼ぐ事と疲労を抜く為。

 低負荷のジョギングで走行距離を増やしながら疲労を抜き、週1回のLSDで一度に走れる距離と時間を延ばす、という練習でとにかく長い距離を走れる身体づくりを目的とした練習をしていきます。


 僕の計画では6月末まではこれで行きたい、たまにはランニングクラブの練習会なんかでインターバルとかを入れる事になると思いますが、基本は長い距離を走る事での身体のベース作りを狙います!


まとめ

 月間走行距離を伸ばす事を目標に練習計画を組む、という考え方は多分、多くの人の練習方針や指導方針に反していると思います。

 月間走行距離に伸ばす事には意味が無い、と色んなところで言われていますからね。人によっては、「月間走行距離にこだわる人はバカだ」ぐらいの言い方する人もいるぐらいです。

 だけど、ランニングを始めた去年の1年間はそれらの言葉に従って月間走行距離を伸ばさないように練習をしてきました。

 基本的な練習はインターバルとペース走のみ。月間走行距離は100Km~130kmぐらい。

 その結果、ハーフまでの距離では記録はどんどん伸びたけど、フルは一度も完走できませんでした。


 フルを一度も完走できなかった理由を解析してみると「筋持久力不足=走り込み不足」という事。

 「月間走行距離って大事じゃん!!」

 というのが今の僕の感想です(笑)


 次回は、月間走行距離についてもう少し深く僕の考え方を書こうと思います。

 では!



 小森 亜希斗

投稿者プロフィール

小森 亜希斗
小森 亜希斗
2016年4月よりランニングを開始。
33歳からのスタートでどこまで行けるのか!?

【自己ベスト】
10Km 43:48  鈴鹿サーキット
ハーフ  1:34:27  お伊勢さんマラソン
フル   3:48:45  富山マラソン