こんにちは、小森亜希斗です。

 3/5の静岡マラソンで完走できず悔しい思いをしました。4/16の加賀温泉郷マラソンでは何としても完走する為に、今までの反省としてトレーニング計画を立てて行き当りばったりのトレーニングを止める事にしました。

 ⇒フルマラソンに向けた練習方針とスケジュール -vol.1-

8164612 - 3d man reading a boock, isolated on white



 この時に「自分に何が足りないのか」を良く考えて計画を立てたけど、肉離れの影響だったり、自分の弱点が明確になってきたことでトレーニング計画を見直す必要が出てきました。

 という事で今のトレーニング計画はこんな感じ。

 あまり色々なメニューはやらずに

 ・LSD
 ・Jog
 ・インターバル

 の3種類だけ。


 特にLSDに主軸を置いた計画とする事にしました。


LSDの必要性

 LSDの必要性は、何回か話をしたけど「長い時間を走る事に慣れる」為。

 ここでポイントなのが、「長い距離」では無くて「長い時間」走る事。

 どうも僕は疲労の限界が距離では無くて時間で来るタイプみたいです。どんな距離を走っても今のところ2時間30分を超えた辺りから急に脚が動かなくなります。

 僕がフルマラソンでサブ2.5のランナーだったら問題ないけど(笑) 残念ながら順調に走れたとしてもサブ3.5が良い所っぽいので、最低でも3時間30分は走れる身体を作っておく必要があるわけです。

 その為のLSD。

 とにかく! どんなペースでも良いから3時間30分走る事に身体を慣らしたい。それを達成する為の練習としてLSDが必要だと感じているわけです。


他者のアドバイス

 トレーニング計画を見直すにあたって、まずRUNNETの掲示板で現状を説明して、僕の現状を知った人がどんな風に考えるかを聞いてみました。

 頂いた意見はLSDが必要という意見がほとんど。最低3時間のLSDに取り組む事が大事だとの事。


 多くの人がLSDに取り組むべきだと考えているみたいでしたし、多くの人が僕と同じように時間に苦しんできたようです。


 それを踏まえて、今度はランニングクリニックRUNFEETのコーチに、現状の僕に必要な練習についてアドバイスをお願いしました。

 すると、LSDが必要という意見が出ましたが、その上でインターバルトレーニングも必要だと言うアドバイスを頂きました。



 その理由は、LSDだけに専念してしまうと動きが小さくなったり、フォームが乱れるから。

 LSDを実践して持久力を付けるんだけど、デメリットも有るから、そのデメリットを補完する為の方法としてインターバルトレーニングと取り入れる必要があるそうです。


 なるほど!


 このアドバイスがとても納得できる説明だったので、残り1ヶ月のメニューはLSD、JOG、インターバルトレーニングとする事にしたわけです。


30Km走とLSD

 ちなみに30Km走では無く3時間LSDを推奨されました。



 それは単純に僕の身体が距離では無くて時間に反応してしまうから。何度かこのブログでもお話したけど、僕は距離に関係無く2時間30分を過ぎた辺りで足が止まってしまうんです。

 だから、時間への耐性を付ける為に3時間のLSDを行うわけです。

 更に言うと、3時間JOGでは無くて3時間LSDです。

 これはペースを上げて3時間走れるかどうか分からない練習をするよりは確実に3時間走る事を達成する為。

 3時間LSDは練習時間の確保や身体の疲労の関係上、週に1回行うのが限度なので限られた練習期間の中では確実性を重視していく事にします!


まとめ

 LSDって言う練習方法を否定する人は結構いたりします。

 ランニングを始めた頃、LSD否定派の意見を聞いて否定する内容に納得していたので僕もLSD否定派でした(笑)

 ただし、フルマラソンは走らずにハーフマラソンまで、と言う人にはLSDは必要ないかもしれない・・・、とは今でも思います。実際LSD無しでもハーフでは順調に記録が伸びて行っていたので。


 だけど、やっぱりフルマラソンは距離も時間も長いので、長距離・長時間を走る練習が必要なんですよね、2回のフルマラソンを経てこんな当たり前の事に今更気づきました(泣)

 でも、そんな当たり前の事に気付けたのでしっかりと取り組んで長い時間を走れるようにトレーニングをして行こうと思います。

 では。


 小森 亜希斗

投稿者プロフィール

小森 亜希斗
小森 亜希斗
2016年4月よりランニングを開始。
33歳からのスタートでどこまで行けるのか!?

【自己ベスト】
10Km 43:48  鈴鹿サーキット
ハーフ  1:34:27  お伊勢さんマラソン
フル   3:48:45  富山マラソン