走010344

小森三紀子です。

昨日はRunfeet水曜クリニック!
600mのショートインターバル走を実施していました。

インターバル走とは

1年前にマラソンを始めたばかりの私は、Runfeetに入会してからインターバル走というものを行うようになりました。

インターバル走について簡単に言うと、一定の距離を疾走⇒休息⇒また疾走・・・という流れで本数を決めて行う強化トレーニング。
 【関連記事】⇒インターバル走、タイム短縮とスタミナ強化



インターバル走の距離はさまざま。
最短200mもあれば、1000mを超える長い距離もあります。

昨日私が参加してきた600mのインターバルはショートインターバルに分類され、その中でも最長距離といわれるそうです。

長くないけど短くも無い、いちばん辛い距離ってことですねwww

メリットと効果

インターバル走のメリットは【短い時間で高い効果】を得られること。

仕事をしている社会人、家事や育児に専念している主婦など“長い時間走る時間を確保することが難しい”市民ランナーにとっては嬉しいトレーニングです。


そんなインターバルの効果は以下。

◆心肺機能の強化
◆持久力の強化(遅筋および速筋を鍛える)
◆スピード強化

さらに、
短い時間に集中して走ることで効率の良いフォームが意識しやすく、ランニングの効率が上がるといった効果を得ることが出来ます。


初心者ランナーには辛い

ランニング初心者にとって、インターバルの効果はとっても魅力的。

けれど身体の基礎が出来上がっていない初心者とって、非常に辛いトレーニングでもあるんです。

【辛い要素】
・そもそも、疾走することが辛い。
・距離(400mトラックを何周も走り続ける等)に身体が慣れていない
・ましてや疾走⇔休息を繰り返すなんて心臓が破裂しそうになる


私も走り始めて最初の頃は、400mトラックを1周ジョギングするだけで息切れを起こしていましたw

そんな私が約1年かけてランニングを続けた結果、600mの疾走と200mのリカバリー(休息)を8本こなせるまでに成長できました!


もうね、人間って凄いよって本気で感動します。(主に身内が)


メンタルが鍵

昨日の私がまさにソレでしたが、人間って苦しいな~辛いな~って思うと、どうしても“楽”をしたがるんですよね!

「走ること」を自分の心と身体が嫌がっている事態は、たぶん間違ってはいません。

けれど、
「出来ないことを出来るように」
「自分を鍛えたい」

そんな気持ちでマラソンに興味を持ったり、ランニングを始めたんだとしたら、自分にムチを打ってあげましょう!

身体が嫌がっていることを、が止めさせるんです。

だいたい最初は、本気が出ていません。
というか、出せないって言ったほうがいいかも??

とくに女性に多いのが、身体にはまだ余裕が有るんだけど、防衛本能が働いて自分で制御してしまう現象。


この防衛本能に打ち勝って自分を開放して上げれるようになると、「もう1本」が走れるようになります。




ここからは、昨日の私の実体験。


600m5~8本という目標で5本目を走り終えたときに、身体にはまだ余裕があるんだけど「もう走りたくない」っていう気持ちになりました。

けど、一緒に走っていたメンバーが6本目に入ろうとしていたので抜けるタイミングを逃し、結局8本走り切りました。



6本目の後半から疲労感がやってきて、ラスト2本に関してはタイムが上がっていたこともあり、そこで初めてインターバル走本来の効果を感じたんですよね。

“心臓バクバク”ちゃんと実感しましたよw

もし5本でストップしていたらインターバル走のメリットを得られなかったので、結果的に最後まで走ってよかったなって思いました。


続ける勇気

みんな辛いのは嫌だとおもいます。

でも、どんなに嫌でも苦しくても“続ける”ことが出来たから、今の私があります。

400m1周で根を上げていた人間でも、継続して走る事を続けていけば600mインターバルを8本こなせるようになれますよ!

仲間の存在

ちなみに、よほど強い意志がない限りはひとりでは続かない

学生時代から走るのが大の苦手な私が未だにマラソンを続けていられるのは、Runfeetのようなマラソンクリニックで“他のランナーと一緒に走る”環境が近くにあったことです。

Runfeetは無料ではないのでお金はかかってしまうけど、私としてはメリットを感じているから無駄な出費とは感じていません。
自分と比較する対象があると、悔しい気持ちにもなるけど励まされることも沢山あります。


おわりに

昨日のインターバル走で感じたことをまとめてみました。

身体はどうしても楽をしたがるから、それに打ち勝つメンタルが無いと、トレーニングは続けられません。
単純なんだけど、これがまた難しいのが人間。。。

そんな風に感じた練習会でした。


ではまた!

小森三紀子

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29