※ブログの基本コンテンツ用に書いています

 こんにちは、当サイト管理人の小森亜希斗です。

 ここでは自己紹介やマラソンに関する取り組み方などを紹介しています。

1471260572703

【基本情報】

【身体データ】

 年齢    34歳(1982年)
 身長    165cm
 体重    56Kg
 BMI   21.0
 体脂肪率  10%前後
 

【ランニング歴】

 ・中学生時代陸上部で中距離(1500m)を経験
 ・2016年よりランニング開始

【記録】

 ・5000m   20:30(2016年11月)
 ・10Km    43:48(2016年12月)
 ・ハーフ   1:37:33(2016年12月)
 ・フル    4:30:33(2016年10月)
 

【ランニングへの取組】

 ・ラントレーニング各種
 ・フォアフットラン(フォーム矯正)
 ・断食
 ・ロードバイクを使ったクロストレーニング


 こんにちは、小森亜希斗です。

 小森亜希斗は2016年の4月からランニングを始め、この記事を書いている時点ではランニング歴10ヶ月の初心者です。

 走り始めたのが33歳という事で記録を目指して行くには遅い年齢ではありますが、フルマラソンでのサブ3を目指してトレーニングを続けています。

 個人的なサブ3の目標時期は2年後の2018-2019のシーズンとしています。


トレーニング方針

33

 その為にどんなトレーニングをしているのか、という事ですが・・・

 33歳スタートでサブ3を目指す、という事ですが、ランニングに取り組み始めて4か月辺りで、「普通にラントレーニングをしていたら達成できない」という事を実感してきました。

 頑張って練習をしたくても、頑張り過ぎるとすぐに脚を故障してしまい思うように練習できなかったからです。



 若いうちは多少は身体に負荷が掛かっても回復するようだけど、残念ながら回復力は衰えているようです。


 だから、色々と工夫をして考えてトレーニングをしないとフルマラソンでのサブ3は達成できないと考えています。

 その中で自分なりに工夫している取組としては以下の3つです。

 ・フォアフットラン(フォーム矯正)
 ・断食
 ・ロードバイクを使ったクロストレーニング

 
 自分の中で効果が有ると感じている順番に書いています。


フォアフットラン

20161030

 それぞれの取組の詳細や経過はこのブログに記録しているのでここでは省略しますがフォアフットランに取り組みフォームを大きく変えた事でまず故障がなくなりました。

 それと同時に走力が大きく向上。

 実際にフォアフットランに取り組んだのは2016年の11月からですが、10ヶ月のランニング歴のうち、11月からの3ヶ月間で走力は大きく向上しました。


断食

 断食は身体を絞って体重を落とす事が目的なのと、断食によって身体の回復力の向上、糖質依存の体質から脂質依存の体質へ変える事で長距離を走りきれる身体へ変える事を目的としています。

 具体的には基本の食生活を夕食の1食のみとしています。

 ランニングを始めて最初の5ヶ月で体重は元の体重から6Kg減の58Kgになり、そこで安定していましたが、断食に取り組んだ10月以降更に2Kg絞る事ができ現在は56Kg程度。

 また消化にエネルギーを使わなくなったので短時間睡眠でも身体の疲労はしっかりと取れるようになり、また睡眠時間も減ったので練習時間を確保できるようになりました。

 更に・・・

 糖質制限も同時に行う事で血糖値の変化が弱くなり空腹感を感じる事も減ってきました。これは長距離を走っている時にハンガーノックを起こさなくなった事からも効果を実感できています。


ロードバイク

17-01-20-19-45-08-035_deco

 そして、ロードバイクを使ったトレーニング。



 ロードバイクを使ったトレーニングの目的は「故障予防」です。強度の強い練習を行って脚が疲労している時に無理して練習を重ねると脚は簡単に故障します。



 そうならないように、脚に疲労を感じた時はラントレーニングは中止しロードバイクトレーニングを行うようにしています。

 ロードバイクでは、ランと同じように長時間、心肺に負荷をかける事ができるので、脚に負担をかけずに心肺機能の強化を図れるのが狙い。

 また、やり方によっては負荷をコントロールできるのでリカバリーの為に利用する事もあります。

 以上が僕のトレーニング方針。

レースでの結果

 上で書いたトレーニング方針を最初から実践していたわけでは無く、ランニングを始めてからの6ヶ月の経験や色々な人からのアドバイスを元に考えて、2016年の11月ごろからこのスタイルになりました。

 まだ、このトレーニング方針になってから3ヶ月程度なので十分な効果は発揮するのはこれからだと思っていますが・・・

 それでも12月にはハーフ、10Kmのレースで大幅に記録を更新できています。例えばハーフは9月の時点では1:46:30ほどだったのに対して12月には1:37:33と約9分の更新を達成!



 今後の結果に自分でも期待しています。

まとめ

 以上が2017年1月時点での小森亜希斗のプロフィールになります。

 トレーニング方針がちょっと他人とは違うかな、って思いますが自分なりに考えての事。この方針でサブ3が達成できるかどうかについては疑問を持つ人も多いと思います。

 ※特に断食・糖質制限には反対意見も多いです。


 だけど、勝算があるからこの方法を取り入れているわけですので、この先の結果を見守ってもらえると嬉しいです。

 これらのトレーニングがどんな風に結果に繋がっていくかは、このブログを通して情報をシェアしているので興味が有る方はチェックしてもらえると嬉しいです。



 
 小森 亜希斗
 

投稿者プロフィール

小森 亜希斗
小森 亜希斗
2016年4月よりランニングを開始。
33歳からのスタートでどこまで行けるのか!?

【自己ベスト】
10Km 43:48  鈴鹿サーキット
ハーフ  1:34:27  お伊勢さんマラソン
フル   3:48:45  富山マラソン