こんにちは、小森亜希斗です。

 去年の11月からフォーム改善の一環でフォアフットランに取り組んで来たのですが、フォアフットランとフルマラソンの相性は悪いという指摘をされました。

15



 フォアフットランって言うのはつま先から着地して走る走り方の事で短距離走の時の走り方をイメージすると分かり易いと思います。

 一般的には長距離向きでは無い走り方だと思いますが、何故僕がフォアフットランに取り組んだかというとランナー膝の発生原因を無くす為。

 ランナー膝の原因は着地衝撃に有ると言われていますが、フォアフットで走ると踵から着地するヒールストライク走法に比べて着地衝撃が大幅に低減できます。


 結果的にフォアフットランに取り組んだ事で半年近く悩んでいたランナー膝が2週間程で改善できたのでその効果は絶大だったと感じています。


負荷がかかる部位が変わった

 フォアフットに取り組んでからランナー膝が治った要因は2つ。


 1つは身体にかかる着地衝撃が大きく減った事。これについては科学的に検証したエビデンスがあって書籍になっているので興味が有る方はそちらを読んでみて下さい。

42.195kmの科学 マラソン「つま先着地」vs「かかと着地」 (角川oneテーマ21)


 そしてもう1つは負荷がかかる部位が変わった事。踵からの着地は衝撃が膝に来るけどつま先からの着地だと衝撃はふくらはぎに来ます。

 膝に衝撃が来なくなるわけだからランナー膝は当然改善されます。そして、ふくらはぎは関節では無くて筋肉なので衝撃を吸収しやすく、また鍛える事もできるので膝に比べて故障しにくいと言われています。



 こういった理由でフォアフットにフォームを変えると故障リスクを大きく下げる事ができるわけです。


デメリット

 ここまで良い事だらけのフォアフットランですがやっぱりデメリットもあって、それはふくらはぎへの負担が大きい事と、それまでヒールストライクで走っていた人の場合は、その負担にふくらはぎが耐えれないという事。

 実際、初めてフォアフットで走ってみると1Kmでも相当ふくらはぎがツラいですしね。


 今でこそ25Kmぐらいまでは走れるようになったけど、やっぱりフルマラソンはまだまだツラい。それが3/5の静岡マラソンでのふくらはぎの攣りに繋がったんだと思います。


日本人には向いてない!?

 ここで問題は今後もフォアフットランを貫いて行くのかどうか。

 ランニングクラブRUNFEETのコーチの方々に相談すると「日本人でフォアフットでフルマラソンは無理だよ~」という厳しい意見を頂いたりします。「大体トップ選手だって少しは踵を付いているんだから」という意見。



 多くのランナーを見て来た元実業団のコーチの意見には重みを感じます。なので、このままフォアフットを貫いて行くか、またまたフォーム修正に取り組むのか考える必要が有りそう。

 ただ、フォアフットに取り組んだからこそハーフまでのタイムは大幅に上がったしランナー膝にも悩まなくなった、という事を考えるとフォアフットを捨てるというのもまた難しい。。。


 なんて思いながらコーチの話を聞いていたところ、気になる事を言ってました。

 「そもそもトップ選手はトレーニングを続けていった結果、自然と脚力がついて腰高のフォームになってフォアフットに近づいていくわけだから、いきなりそれを真似するのは無謀」


 つまり・・・



 言い方を換えればトレーニングを続けて脚力を付けて腰高のフォームになればフォアフットで走るのは無謀では無いという事なのでは!?

 ポジティブに考えるとそういう事かなー、なんて考えたりしてます(笑)


まとめ:来季の課題

 という事でフォアフットを否定されてしまってちょっと切ない気分だったりするんですけど・・・、レースまであと2週間というこのタイミングでフォーム改善をするのはそれこそ無謀なので、次のレースはフォアフットで行きます。

 この話は来季に向けてどうするか、という話になりそうですね。


 ただ、レース前にこういう不安要素を突き付けられるとネガティブ思考に傾きそう。レース中にふくらはぎが攣ったらきっとこの話を思い出すんだろうな、とか今から考えたりしてしまいますが・・・

 とりあえずそうならないように出来る事を出来るだけやるように努力しようと思っています。

 ただ、楽観的に言えば、そういう結果になったとしても3/5から6週間での努力の結果なのでそれを知る事自体は楽しみです。ダメだったら次考えるだけ。

 まだまだランニング初心者なので、そういう失敗も楽しんでいきます!

 では!



 小森 亜希斗

投稿者プロフィール

小森 亜希斗
小森 亜希斗
2016年4月よりランニングを開始。
33歳からのスタートでどこまで行けるのか!?

【自己ベスト】
10Km 43:48  鈴鹿サーキット
ハーフ  1:34:27  お伊勢さんマラソン
フル   3:48:45  富山マラソン