トレーニング効果を高める為にはプロテインが必要だと信じてきたけれど・・・ 本当に必要なのかを自分の身体で検証してみました!

30


 こんにちは、小森亜希斗です。

 「スポーツやるならプロテイン!」って言うほどプロテインを飲んでトレーニング効果を引き上げる事が一般的になってきていると思います。

 プロテインは値段が高い、というイメージがあったけど安く買えるプロテインも出てきて、プロテインに対するハードルってすごく下がってきていると思います。

 そんな背景もあって、トレーニング後には必ずプロテインを飲むし、休養日も欠かさずプロテインを飲む、という生活を今年の1月~5月の5ヶ月間送っていました。

 そんな生活の中でどんな変化が有ったのか、無かったのか、って言う話をしたいと思います。

プロテインの効果

 まず最初に、プロテインを試した事が無い人が思うであろう「プロテインって本当に効果があるの?」っていう疑問ですが・・・

 正直なところ微妙です。


 僕がプロテインを飲んでいた理由は、インターネットやスポーツショップで、トレーニング後はプロテインを飲む事でタンパク質が筋繊維の修復を助け、筋繊維の増強に繋がる、回復が早くなる、と聞いたから。

 本当にそういう効果があるなら飲むべきで有る事は間違いないですよね?にもかかわらず僕個人としてはあまり効果を感じなかったんです。

 効果が感じなかった理由を考えてみると

1.プロテインの摂取量が足りない
2.トレーニング量が足りない
3.プロテインにはあまり効果が無い

 のどれかだと思います。

 まず1のプロテインの量についてですが、僕は5か月間の中で毎日3杯以上のプロテインを摂取していました、タンパク質の量で言うと60g以上。

 通常の食事と合わせると120g以上のタンパク質を摂取していた計算になるので、プロテインの量が足りないというのは無いと思います。


 次に2のトレーニング量についてですが、筋トレについては1つ10kgのダンベルを使って5種類のメニューをほぼ毎日行っていました。4月以降は月間100~150Kmを走っていました。

 見る人が見たら全然量が足りていないのかもしれませんが、サラリーマンとしてはこれぐらいが限界かな~、と僕的には思っています。

 なので、一般的に見たら結構やっている方だと思います。

 そうなると3のプロテインにはあまり効果が無い、という理由が有力かな、って思えて来ます。


 そこで、6~7月はプロテインを飲むのを止めて、タンパク質を食品から摂取する、という事を試してみました。

 毎日の食事に、卵、鶏のささみ、シーチキンなんかを取り入れてプロテイン無しでも一日80g~100g程度は摂取してみました。


 その結果は・・・


 筋力量を維持したまま体重が4kg減った、という結果になりました。


 ちょっと予想外じゃないですか??

 ※結果はIN BODYという測定機で計測しました。

 この結果から言えるのは、

 ・プロテインを飲まなくても食品からタンパク質を摂取していれば、プロテインに頼らなくても筋力を維持できる。

 ・プロテインを止めると脂肪量が減少した

 という事です。


効果を検証

 120g取っていたタンパク質を80g~100gに減らしても筋力量は維持できた理由で考えられるのは2つ。

 1.元々80g~100gで十分なトレーニング量だった。
 2.食品からとったタンパク質の方が良質である。

 この2つについては個人では検証できないのでこれ以上考えるのは止めておきます。


 どちらかと言うと筋力量が維持できている事よりも脂肪量が減少した、という方が僕にとっては大きい結果です。

何故プロテインを止めると脂肪が減少したのか

 考えられる理由はプロテインの甘さに有ると思います。

 幾つかのメーカーのプロテインを試して来た中で思うのは、どのプロテインも美味しく飲める、という事。

 言い方を変えると、良く売られているプロテインは甘いんですよね。甘いという事は糖質が含まれている、という事。

 

 プロテインを大量に摂取する事でタンパク質と一緒に糖質も大量に摂っていたという事が言えます。だから筋肉が維持できても、脂肪量も維持していた、という結果になっていたようです。

 プロテインを止めて糖質を含まない食品からタンパク質をとる方法にシフトした事で糖質の摂取量が大幅に減って脂肪量の減少に繋がった、と考える事が自然じゃないかな、って思います。


まとめ

 という事で、僕が個人的に実践したプロテインに関する実験結果でした。

 プロテイン飲料に含まれているタンパク質が筋肉の増強や維持に効果がある事は間違っていないと思います。

 だけど、一緒に含まれている糖質が脂肪の増量に影響していることも間違い無いと思うので、単純な筋肉だけへの影響を期待する場合、一般的に売られている甘いプロテインは効果としては微妙では無いでしょうか?

 特にランナーにとっては脂肪は邪魔なもの。

 そう考えるとランナーにとってはプロテインは走力アップへの効果は薄く、あまり必要なものでは無いと言えそうです。


 タンパク質を摂るなら食品か

ら摂る。もしくは糖質を含まないプロテイン飲料を飲む

 そうする事で余分な脂肪を増やす事無く筋力増強や維持、リカバリーを期待できる、というのが僕の結論です。

 以上、プロテインの効果について、でした。


 では。

 小森 亜希斗

投稿者プロフィール

小森 亜希斗
小森 亜希斗
2016年4月よりランニングを開始。
33歳からのスタートでどこまで行けるのか!?

【自己ベスト】
10Km 43:48  鈴鹿サーキット
ハーフ  1:34:27  お伊勢さんマラソン
フル   3:48:45  富山マラソン