こんにちは、小森亜希斗です。

 ちょっと前まではトレーニングが終わった後はプロテインを飲む、と言うのが習慣だったけど、プロテインを飲む事を止めたら体重が減りました。

 しかも、ただ体重が減っただけでは無くて体脂肪率も落ちた、という結果だったので、プロテインを飲む事を止めた結果、体脂肪が減少したという事が言えます。

117-1


 この事から単純に考えてプロテインには太る効果が有る、という事が言えます。

 基本的にプロテインを飲んで身体を鍛えよう、って考えている人は体脂肪は増えて欲しくない人が多いはず。だから、安易にプロテインに頼ると思っていた効果と違う結果になってしまうのかもしれません。



 じゃあ、何故プロテインを飲んだら太るのか?


 その理由を考えてみました。


プロテインで太る理由

 プロテインで太る理由、それはプロテイン飲料に含まれている甘味成分に有ると僕は考えています。

 一般的に販売されているプロテインパウダーって結構甘味が強いです。そのおかげで飲み易いとも言えるんですけど、あれだけ甘いと含まれている糖質量もかなり多いです。

 それだけ甘いものを摂取していれば少なからず脂肪の増加に影響が有るのではないでしょうか?


 「いやいや、人工甘味料のものならカロリーも無いから大丈夫でしょ」


 って言う人もいるかもしれません、実際に僕も人工甘味料は太らないもの、って思っていました。だけど実は人口甘味料って砂糖よりも肥満リスクが高いものだ、って言う研究報告があるって知ってました?

 詳しい事はここでは書ききれないけど、糖質を摂取して脂肪が蓄える原因って、砂糖に反応してすい臓からインスリンが分泌されて、そのインスリンの作用で糖を脂肪へ変えるというもの。

 だけど、インスリンは人工甘味料にも反応して分泌される、という事が最近の研究でわかってきたそうです。そうなるとカロリーが有ろうが無かろうが関係なくインスリンが分泌されるわけで脂肪を蓄える要素ができてしまうわけです。


 また、人工甘味料は甘味が強すぎるから、味覚が狂って食欲を抑制できなくなるって言う話もあります。


 という事で、砂糖が入ってなくても問題有り、って事です。



 これがプロテインを飲みすぎると太る理由、って僕は考えています。


甘くないならOK?

 じゃあ甘くないプロテインならOK?

 って言うと、現時点の僕はOKだと思っています。プロテインを止めて体重が減ったけど、どうしても普段の食事から十分なタンパク質を摂取できなかった時は甘くないプロテインを飲むようにしています。

 だけど、それで体重がまた増える、という事にはなってないんです。


 だから、普段の食事から摂るタンパク質が足りなくてプロテインを飲む場合、甘味が無いものを選んで飲むと太るリスクを避けながらプロテインを飲む事ができると思います。



 た・だ・し

 甘くないプロテインは美味しくない、、、というか不味いのでそこは覚悟が必要です。

 それか一日の糖質の摂取量を計算して、1杯だけプロテインに頼る、という風に工夫する事が大事。摂取するタンパク源はプロテインに頼って一日3杯とか飲んでいると本当に太ります。

 それは僕が実体験済みなので本当に注意した方が良いです。


 という事でプロテインを飲んで太るのか?って言う疑問に僕なりに答えを出してみました。

 参考になれば嬉しいです。


 では!


 小森 亜希斗

投稿者プロフィール

小森 亜希斗
小森 亜希斗
2016年4月よりランニングを開始。
33歳からのスタートでどこまで行けるのか!?

【自己ベスト】
10Km 43:48  鈴鹿サーキット
ハーフ  1:34:27  お伊勢さんマラソン
フル   3:48:45  富山マラソン