ランナーの身体作りに食事は欠かせません。理想的な食事をする事で走力アップに繋がるはず・・・ だけど、初心者ランナーにとっていきなり完璧な食事を摂るのは難しいので、これだけは押さえとけ、っていうメニューを実践したみました。

117




 こんにちは、小森亜希斗です。ランニング歴4ヶ月の初心者ランナーです。

 初心者ランナーだからこそ、早く中級者ランナーになれるように毎日色んな事を考えて練習したり食事をしたりするようにしています。

 その中で前回はプロテインはあまり効果的じゃないよ、って言う話をしました。

 ⇒実践報告!ランナーにプロテインは必要無い!?



 ざっくりと理由を言うと、プロテインには糖質が多く含まれているから筋肉と一緒に脂肪も増えちゃうから。脂肪が増えるのはランナーにとっては確実にマイナス要素。

 だからプロテインはあまり摂るべきものでは無い、と言うのが僕の結論です。

 だけど、タンパク質は積極的に摂るべき!!

 という事で僕が実践している食事メニューを紹介したいと思います。


一日のメニュー

 まずざっくりとした僕の一日の食事メニューとタンパク質と糖質の摂取量を紹介します。

20160808


 こんな感じ。

 思ったよりもタンパク質の摂取量が多くて自分でもびっくりしました。僕の体重がこの記事を書いている時点で58kgなので、1日に必要なタンパク質の摂取量は最低58g、できれば体重×1.5倍の87g程度、と考えると摂り過ぎなぐらいですね。朝のプロテインは不要かもしれません。

 逆に、昼はほとんどタンパク質を摂取できてないので昼のタンパク質の摂取量を増やす事を考えるべきかもしれません。またまた逆に、夜はタンパク質を取り過ぎな感じなので減らすべきですね。



 という事は、朝はプロテインを牛乳だけに変えて、夜のメニューを昼に移行すると一日のバランスが良くなりそうな感じがします。

 って言うのが僕の一日の食事メニューです。

基本的な考え方

 魚は日によって変わるし味噌汁の具材も日によって変わるけど基本的な構成はこんな感じです。基本的な考え方は糖質を抑えてタンパク質を積極的に摂る、という事。

 本格的なランナー食となると、ここから疲労回復の為のB1やクエン酸の摂取量を考えたり、様々なビタミン類を計算したりするみたいですけど、初心者には・・・って言うか、素人にはそこまで考えて食事メニューを考えるのは正直無理だと思ってます。

 だから割り切って、タンパク質と糖質の量だけ考えて食事メニューを考える。その結果が、上で紹介したような食事メニューになります。


 これが完璧だとは思わないけど、こういう食事メニューにした結果、3ヶ月で体重は5kgほど落ちたけど筋肉量は維持している、という結果がでました。

 つまり脂肪量が落ちた、という事。

 筋肉量を維持して脂肪を落とす、というのはランナーとしては理想的な身体作りの1つだと思います。

まとめ

 正直に言うと僕が実践している食事メニューが簡単か?って言うと、簡単では無いと思います。簡単では無い、というのはあまり一般的では無い、という事。

 周りの人に僕の食事メニューを教えるとそんなストイックな食事は出来ない、って言う人が多いです。


 まぁ、そうかもしれない。

 だけど、こんな食事に変えたら明らかに身体は変わった、と言うのが事実です。

 用意するのが難しいメニューでは無いのでやろうと思えばやれるメニューだと思うので紹介してみました、是非参考にしてみて下さい。


 では。


 小森 亜希斗

投稿者プロフィール

小森 亜希斗
小森 亜希斗
2016年4月よりランニングを開始。
33歳からのスタートでどこまで行けるのか!?

【自己ベスト】
10Km 43:48  鈴鹿サーキット
ハーフ  1:34:27  お伊勢さんマラソン
フル   3:48:45  富山マラソン