走0061



小森三紀子です。

ランニングでは沢山汗をかくので、水分補給は欠かせませんよね!

とはいえ、毎回スポーツドリンクを購入するのって手間もコストもかかります。

また糖質が含まれているので、ダイエットのためにランニングをしている身としては非常にデメリットを感じます。

そこで、スポーツドリンクのメリットだけを取り入れるために手作りに挑戦してみることにしました!!


スポーツドリンクの役割

スポーツドリンクには、二つの役割があります。

■水分不足の身体に潤いを与える
■汗によって失われたミネラルを補給する

身体を潤すだけなら、水だけで事足ります。

しかしランニングでは一時間の長い時間あるいは負荷の大きなトレーニングを行い汗の量が多くなる場面も多々ありますよね。

その場合、大量の汗によって身体の中から水分だけでなくミネラルを失われます。

スポーツドリンクにはこの水分とミネラルがバランスよく配合され、非常良い成分で出来た飲み物なのです。


手作りのメリット

スポーツドリンクを自分で手作りする場合、以下の3つが必要と考えられています。

・水
・塩(ミネラル)
・糖質

水と塩は良いとして、3つ目の糖質が個人的には凄く気になります。


糖質を補う理由

糖質は発汗で失われる成分ではありません。

ただ糖質は身体を動かすエネルギー源の1つなので、運動によって失われるという意味では補給すべきととらえる考え方が強いようです。

また、糖質がとミネラルを一緒に摂取すると身体への吸収率が高まるのだそう。

ランニングによって失われたエネルギー源を補う場合には、糖質は必要です。

しかしダイエット目的で、自分の中に既に蓄えられた脂肪という名のエネルギー源を消費したいのであれば、意識して糖質を補給する必要は無いと私自身は考えています。

既製品のスポーツドリンクから糖質だけ取り除くことは出来ません。

しかし、自分で作ることによって糖質を省いたオリジナルのスポーツドリンクを作れるんです! 


糖質を制限できる

スポーツドリンクにはブドウ糖果糖液など、砂糖が入っています。

そして砂糖はダイエットの大敵です。

糖質は野菜や果物などにも含まれるので、食事をする以上、完全に避けることは不可能と言えます。

しかし糖質にも色んな種類があり、身体に吸収されやすいものと吸収されにくい糖質があります。

その中で、砂糖はとても吸収されやすく、エネルギー(脂肪)へと変化しやすいため、太りやすいんです!!

今回私が選んだ蜂蜜レモンは、砂糖は一切使用せず蜂蜜だけの甘味で作ったものです。

蜂蜜は砂糖よりも吸収が遅いので、太りにくいと言われています。

またランナーに嬉しい疲労回復、それから抗酸化作用によるアンチエイジングにも効果的で文句の付け所がないんです!

蜂蜜レモンを使ったレシピ

私が作ったオリジナルのスポーツドリンクのレシピを紹介したいと思います♪

量は、500ミリリットルのペットボトルサイズでの目安です。

■材料

水:500ミリリットル
塩:少々(親指と人差し指で摘まめる量)
蜂蜜レモン:レモン1枚



私の場合、スポーツドリンクの成分表示に書かれた量を参考にしました。


走0062

糖質の量はイコール蜂蜜の量となります。

これは好みに合わせて加減してください♪

甘いのが苦手な場合:なるべく沢山レモンに蜂蜜をつける。
甘めが好きな場合:ティースプーン2杯分の蜂蜜とレモン1枚程度がおすすめ。


アスリートフードマイスターも認めた!

私のオリジナルのスポーツドリンクをRunfeetスタッフでありアスリートフードマイスターの川村千尋さんに判定してもらいました!

その結果、、オッケー頂きました♪

蜂蜜、そしてレモンにはクエン酸が入っているので疲労回復効果があり、とても良いと言って頂くことができました!


まとめ

スポーツドリンクを自分でつくってみました!

・水
・塩
・蜂蜜レモン

この3つで簡単に作ることができます。

糖質を制限したい方や、スポーツドリンクを買うことにデメリットを感じている方には、自作のスポーツドリンクがおすすめです♪



ではまた!

小森三紀子

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29