走015337
小森三紀子です。

先日、最新モデルのナイキ エアズームペガサス35が発売されましたね!

いつも行くスポーツデポ桑名店さんにも並んでましたよ~

まだ検証段階なんですけど、現時点でわたしと主人が愛用して履いてるナイキ エアズームペガサス34およびナイキ エアズームペガサス34ワイドと、最新モデルのナイキ エアズームペガサス35をの違いをざっくりまとめます。


ソールの厚みが更に進化

ナイキ エアズームペガサス34以降、ナイキのランニングシューズは機能性とともにソールの厚みが進化しました。

同じペガサスでも33はまだ厚底ー!!って感じでは無かったんですよね。
この時はまだ、ナイキのランニングシューズが飛びぬけて注目を集めることも無かった頃です。


しかしナイキ エアズームペガサス34から、ソールの形状が劇的に進化しました。

とくに前足部が極端に薄いところが独創的で、今までに無いタイプ。
ラン254
※写真は私のナイキ エアズームペガサス34ワイドです。


そして今回初登場のナイキ エアズームペガサス35は、このソールの厚みが更に進化してましたww

あのズームフライに近づいてきてます。確実に寄せてますよアレは。


反発が違う

ナイキ エアズームペガサス34で私が感じていたのは、靴底のアウトソールが硬くて意外と衝撃が強いところ。

アウトソールが硬いということは反発が強くて地面を蹴る力も強いってことなんですけど、この硬さが履いてるうちに段々気になるようになっちゃったんですね。



5㎞くらいなら丁度良いんですけど、20㎞とかフルマラソンの距離になってくると、少し脚が疲れてしまう感じがありました。

恥ずかしながら、私の筋力が足りないもんだから身体が負けてしまうのです。



そして発売されたばかりな最新モデルのナイキ エアズームペガサス35はというと、アウトソールが硬いっていう印象があまり無かったです。

ズームフライみたいなスポンジ感は流石にありませんでしたけど、低反発クッションのような弾力性というか、柔らかい靴底だなって思いました。


私が感じたようにナイキ エアズームペガサス34のアウトソールは硬すぎって評価されたのか、改良が加わってるようですねw

反発が違うっていう印象が一番大きかったですけど、前モデルのナイキ エアズームペガサス34の適度な反発を残しつつ柔らかさをプラスしてくれた感じで、とても良い履き心地に仕上がってます。

これならハーフマラソンくらいなら疲れることなく走れるかな?と期待( *´艸`)


総合評価

ナイキ エアズームペガサス34と最新モデルナイキ エアズームペガサス35の違いは、靴底のソールが更に進化しているところ!

細かいところを言えば他にも違う部分が沢山ありますが、実際に履いて走るランナーにとって最も顕著に表れてくるのはソールおよびアウトソールの素材感だと思います。



ナイキ エアズームペガサス34が比較的硬くて着地衝撃の強さが気になってましたが、最新モデルのナイキ エアズームペガサス35ではアウトソールの素材が柔らかいタイプに改良されていて、より心地良く着地できるようになりました。

以前よりも確実にズームフライに近づいていて、言うなれば「ズームフライを履けるほどのレベルではない、けど厚底ランニングシューズを履きたい」というランナーにお勧めだなって思います。


柔らかさは気にしない、靴底が硬い方が地面を蹴る感触が味わえて好きだ。
と言った場合には、前モデルのナイキ エアズームペガサス34で十分に満足できると思います。

新しいモデルが出たおかげで、これから価格も下がっていくことが予想されますし。

良いランニングシューズをなるべく手頃な値段で購入したい、というランナーにも良いと思います!



最後に、ナイキ エアズームペガサス34そしてナイキ エアズームペガサス35は、全体的に厚みがある癖して前足部だけ薄っぺらいという非常にアンバランスな形状のソール。

この独創的なソールは体重のかけ方が困難で、ふくらはぎ・足首・前足部など色々なところに怪我や故障のリスクを抱えることになります。
よほど筋力を鍛えるか、フルマラソン4時間以内で走るスピードが無いと長距離走はしんどいと思いますので、購入の際にはじっくりご検討ください♪



mikiko


今回紹介したランニングシューズ

ナイキ エアズームペガサス34 ワイドはこちら

ナイキ エアズームペガサス34はこちら

ナイキ エアズームペガサス35はこちら

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29