こんにちは、小森亜希斗です。

 ランニング足袋MUTEKIを履き始めてから約3ヶ月が経過しましたので、MUTEKIを履き始めてから僕自身がどのように変化したかをレポートしたいと思います。

17-02-01-22-11-48-100_deco


 ※大分ボロボロになってきました。。。

 そもそも何故ランニング足袋MUTEKIを履き始めたかと言うと、元々はランナー膝の再発防止をしたかったから。一口にランナー膝と言っても要因は色々あると思うけど僕の場合、脚量とシューズが有っていないのでは?とアドバイスを頂きました。

 自分で言うのも恐縮ですがランニングフォームや体組成、スポーツテストから見た時に僕には十分な脚力が備わっているとの事。脚力が十分に有るのであればベアフットランに取り組んでみてはどうか、と言われたのがきっかけです。



 ベアフットランというのは日本語で言うと「裸足ランニング」

 本当に裸足で走るのは環境的に難しいのですが、クッション性の無いシューズは裸足感覚で走れるという事でベアフットランシューズというカテゴリで販売されているのですが、ランニング足袋MUTEKIもベアフットラン用シューズとして紹介されていました。


 ベアフットランシューズってあんまり種類が無くて高級品ばかりなんですけど、MUTEKIはお値段も手ごろ、という事でMUTEKIを試してみる事にしたのがMUTEKIを履き始めたきっかけです。


ランニングの変化

3ヶ月の走行距離

 MUTEKIが僕の手元に届いたのが10月の最終日、履き始めたのが11月1日からだったのでちょうど3ヶ月、その間の走行距離は約500Km。その中でMUTEKIを履いて走った距離は3分の2ぐらいなので大雑把に計算すると330KmぐらいはMUTEKIを履いて走った事になりますね。

 フルマラソンに取り組むランナーとしては少ない走行距離かもしれませんが、そもそもMUTEKIを履いて走るとあまり長い距離を走れません。最初のうちは1Km走るだけでもふくらはぎがパンパンになってフォームを維持できなくなるからです。


 そう考えると月平均で166kmっていうのは頑張った方だと自分では思います(笑)


一度に走れる距離

 MUTEKIを履き始めて最初の頃は1kmも走れるかどうかでした。理由はランニングフォームの変化です。それまでは踵から地面に付くヒールフットとかヒールストライクって言われるランニングフォームでした。

 それがベアフットランになるとほぼ強制的につま先で着地するフォアフットランに変化します。踵にクッション性が無い状態で踵から着地すると衝撃が脚にダイレクトに響くのでとてもじゃないけど走れません。


 本来、踵には衝撃を吸収するようなクッション性は無い、という事です。

 そんな状態なので、今まで踵着地をしていた人にとってはMUTEKIのようなベアフットラン用シューズを履いたらまずまともに走れません。

 すこしずつ距離を伸ばして行くように練習していくのですが、最初の1ヶ月でなんとか10km走れるようになり、3ヶ月経った今ではコンディションが良い状態でようやく20Km走れるようになってきた、という感じです。

 ちなみに、MUTEKIを履いて1ヶ月過ぎにハーフマラソンに出たのですが、その時は通常のランニン グシューズで出たけどつま先走りのフォアフットランで走ったら18Km辺りでふくらはぎが限界で失速しました。。。

 ⇒お伊勢さんマラソン(ハーフマラソン)で自己ベスト!

ランニングエコノミーの向上

 ベアフットランを始めて、ランニングフォームが変わった事でランニングエコノミーが大きく向上したと感じています。なんでランニングエコノミーが向上したと感じているか、その理由は同じペースで走っている時の心拍数が大きく変化したからです。

 どのように変化したかと言うと5:00/kmの時の心拍数が去年の10月時に比べて約15bpm程度下がりました。下のグラフは1/30にMUTEKIを履いて走った時データです。

 2017020100000000000000000



 基本的に5:00/kmを意識して走ってます。風向きの関係とかもあって一時的に心拍数は上がってはいるけど、それでも3ヶ月前に比べるとはるかに低い心拍数で走れている事が分かります。

20170201
 こんな感じで心拍数を見てみるとMUTEKIを履き出した頃から大きく下がり始めたのでランニングエコノミーが向上したと考えています。


まとめ

 という事でランニング足袋MUTEKIを履き始めてから3ヶ月経った今の状態をレポートしてみました。

 主に走力の変化を書いてみたけど、元々の目的だったランナー膝の予防にはかなり効果的です。MUTEKIを履き始めてから走行距離はそれまでより伸びたけど、膝の痛みを感じる事は無くなりました。

 やっぱりつま先から着地するようになって着地衝撃が大幅に小さくなったのが要因だと思います。その代わりにMUTEKIを履いて走った後はふくらはぎがパンパンになります。。。

 それだけ脚がまだフォアフットランに対応できていないと言う事。

 3ヶ月、約500km走った今でもMUTEKIで15km以上走るとふくらはぎがパンパンになるのでまだまだ筋力が足りないと言う事。このままだとフルマラソンに対応できないので、もう少し走りこんで脚を作っていきたいと思います。



 またレベルアップを感じたら経過を報告したいと思います。

 では!



 小森 亜希斗

投稿者プロフィール

小森 亜希斗
小森 亜希斗
2016年4月よりランニングを開始。
33歳からのスタートでどこまで行けるのか!?

【自己ベスト】
10Km 43:48  鈴鹿サーキット
ハーフ  1:34:27  お伊勢さんマラソン
フル   3:48:45  富山マラソン