走010196
小森三紀子です。

new balabceの【HANZO】というランニングシューズの【HANZO S】【HANZO R】【HANZO T】すべて履いてみました~試着でww
 【関連記事】⇒ニューバランスHANZOシリーズ(レディース)履き比べ感想

イメージカラーは、メンズが“イエロー”に対してレディースが“ピンク”

どちらも蛍光色なので、とっても存在感ありますよ!
 ※写真は「レディース」モデル。

今回は、HANZOシリーズのなかでも最もレベルが高いサブ2.5ランナー向き【HANZO S】の感想を、サブ5ランナー目線で紹介していきます。



自分の走力より圧倒的に上なレベルのシューズを履いたらどんな感覚なのか、いざ検証!!


【HANZO S】の特徴・魅力

new balanceの【HANZO S】はメンズ、レディースともにサブ2.5ランナー、つまりトップランナー用のランニングシューズ。

【HANZO】シリーズ3種類の中でいちばん洗練されているシューズです。



特徴的なのは、靴の素材と技術

上部(布)は3D構造になっていて、靴の表面はデコボコしてます。

特殊な糸に熱を加えるという独特な技術で「軽さ」と「ホールド感」を両立していて、ランナーの足をサポートしてくれます。

ソール部分には軽量・反発に優れたミッドソール素材が採用され、さらに足裏の踵側と前側との高低差が少ない設計となっていることから効率の良い走りに繋がるそうです。



足裏のグリップは、スピード感を求めるランナーにとって最も重要な部位!

つま先部分は厚みのある三角形のグリップがついていて、フォアフットに嬉しい“地面を掴んで蹴り出る動き”のサポート力が抜群に良かったです!(←サブ5だけど、フォアフットは習得済み)

走010193

全体的にソールが薄いということもあって、路面の質感まで伝わってくる感覚でした!!


初心者ランナー用のシューズみたいに足裏を保護するソールではないので、クッション性は一切無しですw

踵部分のソールは足裏全体がフラットになるよう備わっているという感じで、とくに膝への負荷が気になる人は踵部分を使って走るのはおすすめしません。

ほぼ確実に、膝を痛めます。

サブ5ランナーが履くとどうなる?

サブ2.5というトップレベルのランナーが履くようなランニングシューズを、言葉悪いけどレベルの低いサブ5ランナーが履くとどうなるか、自分の身体で検証してみましたw


結果を簡潔にまとめると、「脚は軽い。けど短距離しか走れない」


その理由は、脚力不足です。

具体的には、ランナーに必要な“筋力・足裏の強度・スピード感”そのすべてが【HANZO S】を履く身の丈に合っていない、そう感じました。


サブ2.5ランナーともなると、身体は物凄く鍛えられています。



とくに女性ランナーの場合、嫌でも男性よりタイムが落ちてしまうので“サブ2.5”の壁はとてつもなく高い。

ゼロから始めた市民ランナーでは、まず届かない領域と考えていいと思います。


そんな尋常ではない走力のあるランナー向きなので、サブ5ランナーの私が【HANZO S】を履くと脚のほうが負けてしまう、というのが正直な感想。



逆に走り心地に関しては抜群なので、短距離の400mインターバルくらいなら気持ちよく走れそうだなって思いましたw

50mにも満たない距離をダッシュしただけでこんな風に感じたので、レース用に履こうなんて全く思わないという思考に至った経緯ですww



現実的に可能性が有るとしたら、サブ4以上を目指すっていう名目で【HANZO R】を検討するかな。

走010188

ちなみに色合いが好評なのか、男女共にレディースの【HANZO R】は人気みたいですよ。

サイズが25.5までしか無いから諦めてメンズを手に取るようですw


まとめ

サブ2.5ランナー用【HANZO S】は、サブ5ランナーの私が履くと短距離を走るだけでお腹いっぱいなランニングシューズでしたw

本気で【HANZO S】で走りたいなら、もっと筋力も走力もレベルアップしてからじゃないと、まともにレースを完走することも難しそうです。


【HANZO S】のグリップ感がほんとに凄く心地よかったので、せめて【HANZO R】が履きこなせるランナーになれたら良いですね。

ソールが薄シューズを履くと足裏への刺激入れるトレーニングにもなりますから。

今の私にはまだ早いけど、すでにサブ4以上のレベルのランナー、とくにフォアフットランの方には真面目におすすめします!!



ではまた。

小森三紀子

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29