走010188

小森三紀子です。

ニューバランス【HANZO R】というランニングシューズの魅力や、実際どのくらいのレベルのランナーに合うシューズなのか検討してみました!


【HANZO R】の魅力

【HANZO R】はその見た目も魅力的です♪

ビビッドカラーで、とっても存在感の有るピンク!!!

【HANZO】シリーズの中でもっとも目立って、女子力アピールも出来そうなデザインですw





もちろん機能性も確かです!!!



洗練されたアーチによる、究極の動きやすさ。

最低限のクッションが備わっているだけで、軽さを追求している。

グリップも素晴らしく、地面を踏み・蹴り上げる動作を最大限に活かしてくれます。


グリップは足の前側に集中しているので、得にフォアフットで走るランナーにはとても良い仕様になっています。

走010198


さらに嬉しいのが、new balanceっていうメーカーは日本人の足に合う形のデザインが豊富である事。

幅広サイズも扱っているので、サイズや足の形にコンプレックスのあるランナーでも自分に合うシューズが探しやすいのがすごく嬉しいです!!

走010187



レディース25センチ・幅広って店頭で探すの難しいんだぞwwww


本来はサブ3ランナー向け

ニューバランスの意向やスポーツオーソリティの店員さんのお話では、サブ3ランナー向きに販売されるランニングシューズ。

けどメンズならまだしもレディースでサブ3用のシューズって、実際のところ需要はあるのか謎なんですよね。


女子ランナーにとってのサブ3

女性は筋肉のつき方や体の構造上、男性よりもタイムが劣ってしまいます。

そしてフルマラソンをサブ3で完走できるのは実業団ランナーや学生陸上部などのエリートといったほんとにトップで走るランナーしかいないんじゃないかなって思うんですよねww


たとえば、3月12日に開催された名古屋ウィメンズマラソン2017では安藤友香選手(スズキ浜松AC)が2時間21分36秒で日本選手最高の2位となりました。

世界選手権をかけたレースでの記録がこのタイムですから、女子ランナーにとってのサブ3のレベルの高さは尋常ではないはずです。



サブ3でゴールしたランナーの一覧を見てみても、企業・学校名を背負うランナーが9割以上でした。



どこにも所属していないランナーが増え始めるのは、フルマラソンの完走タイムが3時間以降。

サブ3.5くらいになってやっと実業団ランナーが抜けて、市民ランナーの枠に移行していったかなって感じ。





つまり、市民ランナーレベルの女子ランナーがサブ3を狙うっていうのは現実的に厳しすぎるという事実!!!


市民ランナー目線での【HANZO R】

上記のことをふまえると、元実業団などの逸材出ない限り、市民ランナーの女性がサブ3で走るっていうのはだいぶ無理があることが見えてきました。

自分も狙える領域だとは思っていませんw




じゃあ市民ランナーには【HANZO R】は履けないのかと言われると、そうでもないと思うんです!!!



ポイントは、使いどころにあると私は思います。


30mくらいの短い距離ではありますが、【HANZO R】を試着して実際に走ってみました。

めちゃめちゃ走りやすかったです。


私はランナー膝をきっかけにフォアフット走行をしているんですけど、フォアフットで走るランナーにとっては非常に神ってるランニングシューズです。

・走る邪魔をしない
・反発、スピードを実感できる確かなグリップ力



この要素がどれほどランナーに与える影響が大きいか、実をもって体験できました!


どんな場面で履く?

ほんとにサブ3で走れるランナーなら、レース本番でも挑戦してみると良いと思います!

ただフルマラソンの距離を走るときにレース中の疲労や痛みを懸念するならハーフマラソンまでがベストじゃないでしょうか。




まだサブ3に届いていない、けどもっと速く走れるようになりたい。(大多数がこれかと)

そんなランナーなら、短時間・短距離でのトレーニングで履いてみるのが良いのではないかと個人的に思います。

私みたいなサブ5ランナーが手を出すのはちょっと危険だけど、サブ4またはサブ3.5ランナーであれば女子ランナーの中でもレベルは高いので、将来的に見てもサブ3を達成できる可能性があるからです。



ソールの薄い(負荷の高い)シューズは故障や怪我のリスクが有るけれど、足裏への刺激が期待できます。

毎回の着用はNGですが例えば「今日は400mインターバルを3本だけ」など“短時間の集中的なトレーニング”に【HANZO R】を履いてみるのはアリじゃないでしょうか。


まとめ

サブ5の私が語ると説得力は弱いでしょうがフォアフットで走る身としては【HANZO R】というシューズの魅力を確かに実感することが出来ました。

いずれサブ3を目指そうと考える女性ランナーのみなさま、まずはトレーニングの合間に試してみてはいかがでしょう?


ではまた。

小森三紀子

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29