小森三紀子です。

今回は、ナイキのフリーランスピードライバル6の2足のランニングシューズを比較してみたいと思います

ラン213


見た目は似てる

ナイキ フリーランとスピードライバル6は見た目のデザインが良く似ていますw



■どちらも同じナイキのランニングシューズであること。
■フリーランはベアフットランシューズなので、もともとが足へフィットする柔らかいデザインであること。
■スピードライバル6は前モデルから劇的に進化し、伸縮性に優れた柔らかいアッパーを採用していること。
■同じ赤色であること。



こんな理由から、見た目が似てしまったのだと思われます。

でもランニングシューズとしての機能は全く異なるので、フリーランとスピードライバル6それぞれの特徴および走りやすさについて以下にまとめてみます。


ナイキ フリーランの魅力

ナイキ フリーランの魅力はベアフットラ用のランニングシューズということでソールが非常に柔らかく、裸足に近い感覚で走れるところ。

走010279

■爪先から踵まで足全体が自由に動く
■地面の柔らかさ・硬さが身体に伝わる
■不整地ランニング(土や芝生の上を走ること)に適している
■ベアフットランシューズの特徴として、アスファルトなど硬い地面でのランニングは疲れやすい



フリーランは比較的、ベアフット用と一般的なランニングシューズの良いトコ取りをしてくれてます。

「裸足は魅力的だけど、素足には抵抗があるわ」っていうランナーからの人気が高いですね。

森や山など自然の中を走るクロスカントリー、起伏のある芝生を走るファルトレクなどのラントレーニング用など、走る路面に合わせて履かれることも多いのがナイキ フリーランというランニングシューズです。

走りやすさ

ベアフットラン用のシューズであるナイキ フリーランは、地面の感覚を掴めるのが最大の魅力だと思います。

走る地面に合わせたランニングフォーム、‟着地して地面を蹴る”という一連の動作でのパワーバランスが意識しやすくなります。



@アスファルトなど硬い地面を走る ⇒なるべく身体の力を抜いて着地時の衝撃を受け流すように走った方が疲れにくい。

@逆に土や芝生の上など柔らかい地面を走る ⇒適度に力を入れないと、地面が蹴れなかったり足元が不安定で転倒しやすい。


この絶妙なパワーバランスをコントロールしたい時には、とても走りやすさを感じると思います。

人間の身体能力が鋭くなるというか本能を呼び覚ますというか、色んな意味で履くメリットの大きいランニングシューズですw

スピードライバル6の魅力

同じナイキ スピードライバル6の魅力は、ランナーの脚力に適宜対応してくれる万能なところです。



私が思うスピードライバル6と相性の良いランナーとは、‟そこそランニング経験を積んだランナー”および中級者寄りの初心者ランナーにおすすめしたいランニングシューズです。

前モデルのスピードライバル5がまさに脱初心者狙いって感じの履き心地だったので、新しくなったスピードライバル6も同系統かなっていうのが個人的な意見ですw


ただ、このスピードライバル6に関してはスピードのあるランナーに適したランニングシューズって感じてます。

その理由は、軽いそしてしなやかな動きが出来るところ。



また、初心者ランナーは脚の筋力が足りない等の理由からフォームが乱れているもの。

このランニングフォームを矯正するために厚み&サポート効果が高いソールを極めたシューズも多いんですけど、ナイキ スピードライバル6のソールはサポート効果は低くてフワフワで柔らかいクッション性だけって感じ。

クッション性が高ければ長距離走では疲れにくいのでマラソン向きなのと、余計なサポート効果が無い分ランナーの脚力が発揮しやすいです。


走りやすさ

スピードライバル6っていうランニングシューズの凄いところは、どんなレベルのランナーにも履きこなせちゃうところ。



伸縮性に優れ、柔らかいアッパーになったことから、足へのフィット感が絶妙に良くて走りやすい!

そして靴底には、爪先から踵まで一面にラバーワッフルアウトソールが貼られてます。(土踏まず部分にシャンク有り)
ラン219


靴底が一面同じグリップなので、フォアフットでもヒールストライクでも着地の位置を選びません。

言い換えれば、あらゆるランニングスタイルに応じて走りやすさをサポートしてくれるってことです。


一見シンプルというか単純な形状だけど、実はどんな走り方にも対応してくれる最強の靴底なのです。

まとめ

同じナイキのランニングシューズであるフリーランスピードライバル6を比較してみました。

見た目の形状は似てるけど、ソールおよびランニングシューズとしての機能性は全く異なります。
ラン212

フリーランは「ベアフット」、スピードライバル6は「万能」ということで、ランニングシューズの魅力を踏まえたうえで履き分けたいですね♪



では!

小森三紀子



今回紹介したランニングシューズ

ナイキ フリーランはこちら

NIKE エア ズーム スピード ライバル6はこちら

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29