小森三紀子です。

フルマラソンなど長距離に挑戦するランナーにとって、炭水化物は身体のエネルギー源として欠かすことが出来ません。

ですから世間一般で言われるような“炭水化物制限ダイエット”をランナーが行うのは、やり方を間違えるとエネルギー不足になり危険です!



今回は、私たち夫婦が時間をかけて検証した“市民ランナー流の炭水化物制限ダイエット”を紹介したと思います♪

実践するに当たって注意していただきたいこともまとめておりますので、私たち夫婦の途中経過とともに読んで頂けると嬉しいです!


1日あたりの炭水化物量を制限

お盆休みに色んな食べ物を満喫しすぎたため、今年の8月は夫婦揃って体重が増えてしまいましたww

とくに主人はお盆前から仕事の付き合いで外食が増えていたのもあって2~3kgは増えたらしく、「ヤバイ」と言い出したのが今回の炭水化物制限ダイエットのきっかけでした。



気になるその中身はというと・・・??

◎パン、お米、うどん等を2週間摂取することを控える
116


今回のダイエットはお盆までの間に太ってしまった体重および脂肪を減らすことを目的としたものです。

なので、2週間という短期間で挑戦することにしました。

制限するのは炭水化物だけで、他の野菜や果物、それからメインとなる魚類のはいつもどおりに食べます!


走る前には少量のお米を食べる

走るためにはエネルギー(糖質)が必要となります。

果物や野菜からも糖質を摂取することは出来ますが、朝は睡眠明けということで1日の中でもっともエネルギーが枯渇した状態ですので、手っ取り早くエネルギー補給をするには炭水化物を摂取するのが効率が良いと考えられています。



そのため、ランニングの前だけは朝におにぎりを食べてもOKにしました!


結果報告

2週間の炭水化物制限ダイエットの結果、体重が戻りました♪

私はお盆前からお盆後にかけて約1.5kgほど増えてしまったのですが、炭水化物を制限することによって体重が元にもどりました!


しかも続けた分だけ体重が減り続けてくれて、先日は久しぶりに56kg台が出て本当に嬉しかったです!!!
(最近は軽くても57.4kgとかだった)

ほんと「おかえり」って感じでしたw


諸注意

私たちが挑戦した“炭水化物制限ダイエット”を行うための注意をまとめたいと思います!

◆短期ではなく、長期間かけて身体に慣れさせること
◆マラソンのオフシーズンに実施すること
◆走る時には必ず糖質のエネルギー補給を行うこと


ランニングに支障が出ないように身体を維持するためには、上記の諸注意を守るようにしましょう。

本命のマラソン大会が近い時期よりも、3ヶ月以上前から時間をかけて体質改善をしていくのがお勧めです!

あくまでランニングが出来る身体を維持しながらのダイエットなので、必要なエネルギー源はしっかりと確保することも忘れずに!!


長く続ける事に意味がある

今回私たちが実践した“炭水化物制限ダイエット”2週間で実施しており、コレだけ聞くと“短期じゃん”と思われるでしょう。

確かに今回の“炭水化物を極力控える”のは2週間だけでしたが、私たち夫婦は日ごろから炭水化物を摂取する量が人より少なく、比較的短い期間にもかかわらず順調にダイエットが実行できたと考えられます。



たとえばお休みの日でも、お昼のランチでパンを食べてしまったら、朝と夜はお米もパンも麺類も食べないようにしています。

小森家ではこんな生活を半年~1年ほど続けています。

書きながら思いましたが、この時点ですでに“炭水化物制限”してますねw




また糖類に関して言えば、日ごろ口にする砂糖は市販のポン酢や納豆についてくるタレに含まれる分くらいしか摂取しないように心掛けています。

我が家で食べる甘い物といったら、もっぱらヨーグルトに入れるリンゴやバナナなど果物のみです。

精製された糖(砂糖)は身体への吸収率が高く太る原因となってしまうため、避けるようにしています。

砂糖に関する制限はもう2年以上続けている記憶があります。



我が家の場合、以上の流れが出来ていることから、炭水化物の量を制限しやすい状態だったと言えます。

ランニングをしている人は朝昼晩としっかりご飯を食べてエネルギー補給を心掛ける方も多いので、いきなり炭水化物を制限するとエネルギー不足を感じる危険があります!

糖というエネルギーで満たされた状態に身体が慣れてしまっていると、急激に糖質を制限した反動で空腹感が強くなります。

ある意味、糖質の禁断症状みたいな感覚ですw


まとめ

ダイエットは長く続ける事に意味があると身をもって実感しました。

短期で行うとストレスになりますが、長期で自分の生活の一部にしてしまえば無理なく続けやすくなります♪


私の経験では、3ヶ月くらい続けていくと身体が順応してくれます。

根気強く続ける事が乗り切るコツなので、途中で諦めないで下さい!



ではまた、

小森三紀子

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29