小森三紀子です。

加賀温泉郷マラソン2017のフルマラソンではラスト7kmを靴下で走ったこともあり、とっても身体が疲れていますww

kaga004

とくに今回は、ふくらはぎの筋肉痛と貧血に悩まされています。



私はつま先で着地するフォアフットで走るのですが、この走り方は膝への負荷が軽減される代償に、ふくらはぎの筋肉をとっても使います。

そして今回、靴下は履いているけど裸足に近い状態で割と長い距離を走ったので、地面からの衝撃をダイレクトに受けたために赤血球が沢山破壊されて、前回のフルマラソンよりもさらに鉄分不足になっているみたいです。


食事で身体を回復させる

走った後の療養には、単純に走る事を休むことのほかに食事で身体の内側から体力を回復させる方法があります。

食べ物って凄く大事で、マラソン後に身体に足りていない栄養があるとすぐに体調を崩して風邪を引いたりします。



全身に疲労が蓄積されるので、分かりやすいのが内蔵機能、とくに胃腸が弱った状態になることです。

例えば、お腹は空くけど消化機能が正常に働かず、胃もたれや吐き気にうなされるっていう症状は私も経験ありますw


マラソンの後は消化に良い胃腸に優しい食事を中心に、走った後に不足しがちなミネラル・鉄を多めに摂取するのがおすすめ。

さらに疲労回復のためにビタミンやたんぱく質も意識して摂取していくと、内蔵機能も筋組織もどちらの回復も早くなります。


鉄分補給の食事例

一昨日くらいに私が【貧血気味~】ってぼやいていたのを旦那さんが覚えてくれていて、夕飯のメニューに「あさり」を提案してくれました。
なんて優しいの!!!



けどこの日はスーパー行ったらアサリが売り切れていて、貰い物のアスパラガスがあったので豚肉を購入し、アスパラの豚肉巻きにしました。

アスパラには疲労回復効果がありまして、「アスパラギン酸」ていう成分が乳酸を分解してエネルギーへ変えてくれる作用が有るそうです。
また、豚肉も同じく疲労回復要素の食材で、なおかつ貴重なたんぱく源なので結果オーライでした♪



体内で鉄分を生成するためにはたんぱく質も必要らしいので、豚肉おすすめです。

そして、アスパラガスに含まれるビタミンを効率的に摂取するには、茹でるよりも焼いたほうがいいとのことなので、豚肉巻いて炒めるって言うのは非常に理にかなっていたようです!





そして、昨日の夕飯には念願の「あさり」をゲット!!

お昼頃から砂抜きをして、「あさりのお味噌汁」「アサリの酒蒸し」を作りました☆

お写真無くて申し訳ないですが、こんなにたくさんの「あさり」を主人と2人で山分けしましたw

走010241


まとめ

今回は【ランナーの食事】のお話で、マラソン後の鉄分不足について触れてみました。

とくに女性はランナーでなくても鉄分が不足しがちなので、日常生活から意識して鉄分を摂取することをおすすめします。



「あさり」は冬から春にかけての時期が旬なので、狙うなら急いで!!

私の自宅近くのスーパーに並ぶ貝が小さくなってきています。


また、今回は「あさり」をおすすめしましたが鉄分補給におすすめの食材はまだまだ沢山ありますので、貧血や疲労回復のスピードに悩んでいる方は栄養学の本を読み漁ってみるといいと思います。

けっこう楽しいですよ♪


ではまた!

小森三紀子

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29