こんにちは、小森亜希斗です。

 フルマラソンには糖質を貯めておく為のカーボローディングが必須、って言われているけど、そんな常識に疑問が出てきました。


 ちょっと前にも、糖質を通常よりも意識して多く摂取する必要は無いんじゃないのかな、って思ってる、っていう内容でブログを書きました。

 糖質を必要以上に摂取する必要は無い、って言う事は今でも変わらずに思っている事なんですけど、何故、改めてこういう事を言い出したかというとですね。。。



 最近、いくつかの書籍を参考にして【断食】を行っていたりします。


 ※特に影響を受けた書籍↓



 断食と言っても何日も食事をしないという本断食では無くて、1日1食程度に食事を抑えるプチ断食の方です。

 基本的には夕食しか食べない、という生活を始めてみました。

 夕食しか食べないけど、ランニングやトレーニングは今まで通りに行っています。

 だけど、エネルギー切れを感じたりはしないんです。



 
 僕の夕食はトレーニング後なので、トレーニング時は空腹状態。最初はエネルギー切れを感じるだろうな、って思ったけどまさか感じないとは・・・、正直びっくりしました。

 この事から、糖質を必ずしも多く摂取する必要は無いのでは?っていう疑問が出てきたわけです。

エネルギー切れを感じる理由

 僕はこの記事を書いている時点ではフルマラソンを走った経験は無く、走った事が有る距離は最高で35Kmです。この時は30Kmを超えたあたりで確かにエネルギー切れを感じました。

 だから、30Kmの壁がある、という事は理解できているつもりです。

 エネルギー切れっていうのはハンガーノックとも言うそうですが分かりやすく言うと空腹状態、お腹が減りすぎている状態の事です。

 昔は仕事中とかにもハンガーノック状態になってました。ハンガーノックになると寒さを感じるのに変に汗は出てくるし、歩くのもつらい状態。

 つらいですよね。



 じゃあ、何故こういう状態になるのかって言うと、その理由は低血糖状態になるから。

 低血糖になる理由は、その前に高血糖状態、つまり食べ過ぎが原因だそうです。


 細かいメカニズムはここでは省略するけど、糖質を摂り過ぎてに高血糖状態になると、高血糖状態を抑える為に身体が反応してその結果が低血糖になる、という感じだそうです。

 低血糖になると糖質を摂らないといけないみたいですけど、それが過ぎるとまた高血糖になって・・・ という感じの繰り返し。

 つまり、血糖値の上下がエネルギー切れを感じる原因だと言えそうです。

低血糖を防ぐ方法

 じゃあ、血糖値が下がり過ぎて低血糖のエネルギー切れ状態にならない為にはどうしたら良いのか?

 単純に考えると血糖値の上下動を抑えて安定させる事を考えると良さそうですよね。

 じゃあ、血糖値を安定させるためにはどうしたら良いのか?

 その答えは糖質を取らない事。

 これが答えではないでしょうか?

 人間の体のエネルギー源って糖質と資質ですが、使用する優先順位は糖質の方が上だそうです。つまり、体内に糖質が在る限り糖質優先でエネルギーが生産されるわけです。

 そこで、常に糖質優先のエネルギー生産を行っていると身体は糖質依存状態になるわ
けですが、糖質の貯蔵量ってカロリーに換算すると2000Kcalぐらいなんだそうです。

 この2000Kcalの糖質が枯渇してしまうと、糖質依存の身体はエネルギー切れを訴えるとの事。


 だったら、糖質依存の身体から脂質依存の身体へ変えて行ければエネルギー切れにはならないはず。

 単純に脂質は1gあたり9kcal。



 人間の脂肪量は人によって違うけれど、僕の場合、体重58kgの体脂肪率が10%なので脂肪量は5.8Kgです。

 これをカロリー換算すると、52200kcal。

 52200Kcalが全部使えるわけでは無いと思いますが、この半分が使えるとしても26000kcalのエネルギーが有るというわけです。

 このエネルギーを使えるようになれば、エネルギー切れ状態とは無縁になれそう。



 
 そして、この脂肪をエネルギーとして使えるようになる為には脂質依存の身体に変える必要があるわけですが、脂質依存の身体に変える為には、優先度の高い糖質を体内に入れない事が大事。

 つまり糖質制限が必要になるわけです。


まとめ

 となると・・・




 やっぱりカーボローディングが必須とは言えないですよね。

 糖質依存の人には少しでも糖質の貯蔵量を増やす為にカーボローディングは必要そうですが、脂質依存の人には不要。

 僕の場合、断食が脂質依存への身体へと変えて行ってくれているのかもしれないですね、だから空腹状態でトレーニングしてもエネルギー切れにはならないのだと思います。

 ちなみに、1日1食で糖質も抑えているこの状態は空腹感は感じますけど、だからと言ってパワーが出ないような感覚は全くありません。

 この状態まで持っていくのはつらいですけど、慣れると普通になります。

 タバコの禁煙と一緒で最初の3日間が勝負な感じです(笑)

 この状態で月末の金沢マラソンを走り切れたらまた報告したいと思います。

 では!


 小森 亜希斗

投稿者プロフィール

小森 亜希斗
小森 亜希斗
2016年4月よりランニングを開始。
33歳からのスタートでどこまで行けるのか!?

【自己ベスト】
10Km 43:48  鈴鹿サーキット
ハーフ  1:34:27  お伊勢さんマラソン
フル   3:48:45  富山マラソン