走014



小森三紀子です。

紫外線の気になる季節!

けど運動になるし、ダイエットのためにもなるから外でランニングをしたい!

そんな女性のみなさんへ、私の日焼け対策を紹介したいと思います( *´艸`)


日差しから肌を守り抜く


日焼け対策は、とにかく肌を太陽の下に晒さないことです。

上半身も下半身も、守り抜きます。

走032走024

曇りの日だって、油断してはいけません。

肌のシミ、ソバカスの原因となる紫外線は、曇りの日でも沢山放出されています!!

よって、肌を焼きたくない!紫外線によるダメージを受けたくない!という人は、肌を太陽光や紫外線からシャットアウトさせましょう!!

服装にこだわる


ランニング慣れしている人は、どんどん軽装になっていきます。

タンクトップに短パンなんて明らかなランナーウェア姿の人も、トラックのある場所へ行くとちょいちょい見かけます。

うちの主人はTシャツまたはタンクトップに7部丈くらいのパンツという服装が定番ですが、走り慣れてくるほどできるだけ身軽で動きやすい服装になっていくみたいです。


しかし、私は走りやすさはもとより、肌の露出を最小限に抑える服装を常に心がけています。



例えば、下半身は必ずスパッツを穿いていくとか。

上半身の場合は半袖にアームカバーをつけたり、長袖に手袋をつけたりして肌の露出を抑えています。



あと、首まわりががら空きになってしまうTシャツのときには首にタオルを巻きつけたりもします。


日差しが強い日や、日が高い時間帯には特に徹底してランニング中の服装にこだわるようにしています!


ただ着こめばいいってわけでもない


紫外線対策はもちろんきちんとしておきたいところですが、それだけ考えていてはランニングの服装としてはイマイチです。

そして、そんなことはわかっています。

走っていると体温も上がってくるし、とくに初夏から初本番にかけては気温もどんどん上昇していきます。



ただ肌を隠せればいいっていうだけで服装を選んでいると、脱水症状や熱中症を引き起こすこともあります。

今年は5月でも暑い日は夏日と言われてしまうくらいの気温の上昇っぷりでした。

まだ梅雨にも入っていないし大丈夫だろうと油断していたら、えらい目にあった事があります(;´・ω・)


最も、汗を大量にかいただけで意識もあったし一人で家まで帰れたのでよかったですけど、あれでもし倒れてしまってたら何のためにランニングしているのかわからなくなってしまいますね。



健康になるためっていうのもランニングを始めた理由の一つですから。

逆にランニングをしていたせいで病院送りなんて悲しすぎます。。。


まとめ



さて、今回はランニング中の日焼け対策について語ってみました。

肌の露出を控えるというのが最も大事なポイントです。

しかし脱水症状や熱中症対策も考えるべきところ。


ランニングに適した日焼け対策のアイテム選びが必要ですので、くれぐれも健康管理だけはお気を付けくださいな♪



ではまた!


小森三紀子

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29