19
小森三紀子です。

前回の静岡マラソン2017につづき、今度の日曜日に開催される加賀温泉郷マラソン2017では2回連続の故障上がりでのレースwww

そもそも故障しすぎなんですけど、それぞれ理由があるのでそこは目を瞑ってきただけたらと思います・・・

そんなことより、故障から回復した直後でもフルマラソンをしっかり走って完走することは出来るんだぞっていう話を今回はお伝えしたいと思います!


タイムより【完走】にこだわれ

故障後のレースで最も気をつけるべきことは、ふたたび痛みが出ないように走る事。

なおかつ、出るからには最後まで走り切りたいのが誰もが思うことだと思います。



私が思うに、故障から回復した直後のレースで最もしてはならない禁忌を紹介します。

そもそも故障後に完治していることを前提に話しますが・・・


・故障した箇所への違和感を無視しない
・タイムにこだわらない
痛みが出たら必ずペースを落とす(酷い場合には止まって状態を確認する)


絶対に守るべきは【治ったからと油断をしないこと】です。



たとえばランナー膝の場合、完治しても極度のアップダウンで再発する可能性があります。

故障してしまう=自分の弱点なので、よほど長期にわたって筋力アップをするなど根本的に弱点を克服しない限りはずっと爆弾を抱えることになります。


故障を避けるには

私のようにレースのたびに故障をするってなると、やはり辛いです。

まともにトレーニングを出来ずに調整期間に身体の状態と整えるために走るだけってなると、大幅な自己ベスト更新は難しく、タイムを狙う気持ちにもなりません。

なにより、無事に完走することが目的になるからです。


じゃあ、再び故障しないためには何を意識したらよいのか。

私が身をもって実行したいと考えているのが、

・自分に合ったシューズ選び
・目標ペース設定
・ランナーとしての筋力アップ

この3つです。

とくに、シューズ選びはとても重要です。

おそらくですが、最近故障続きなのは自分の走り方とシューズとの相性が悪かったからだと思うのです。


フルマラソンを走るようになった頃からフォーム改善をして、上級者ランナーに多い「つま先着地」のフォアフットになりました。

ところが、私が履いてるシューズはフォアフットランには不要な土踏まずのソールが厚いナイキのエアズームスピードライバル5。

ラン097


このシューズだと、フォアフットでも走れるけど少し無理矢理走ることになります。

地面を蹴り上げる力もソールが吸収してしまい、発揮することができないので脚に余計な負荷がかかります。



あくまで私の例ですが、こういった少しの負荷がフルマラソンでの疲労に大きく影響して、結果として故障に至る・・・というケースもあるってことです。

初心者ランナーの場合、本人の素質やトレーニングの成果によって選ぶべきシューズが全然ちがってくるので、シューズ選びに失敗するのは避けられないと思いますが、「これは違う」と思ったら無理に履き続けないでください。

勿体無いけど、自分に合うシューズを新たに探したほうが健全です。

結果的に整体へ通うなど、余計にお金がかかる可能性もありますのでね。


まとめ

故障したから、もうフルマラソンを走る事は出来ないっていうわけではありません。

私も故障を経験していますが、フルマラソンを完走する分には全く問題ないので安心してレースに挑んでください!!



経験者である私からアドバイスをするなら、気をつけるべきことは以下の3つ。

・違和感を無視しない
・タイムにこだわらない
・自分に合ったシューズで走る


治ったからと油断しないことと、無理に自己ベストを更新しようとしないで余裕を持って走ってください。

また、シューズとの相性が悪い場合には私のように別の故障の原因になるといった負のループにはまってしまうので、そこも気をつけていただきたいポイントです。



初心者ランナーほどこういった面は難しいのですが、ちょっとでも「おかしい」と思ったら改善する意識を持って取り組んでいただけたらとおもいます♪



ではまた!

小森三紀子

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29