こんにちは、小森亜希斗です。

 ランニングを始めて半年が過ぎようとしている僕ですが、とにかくずっと故障の連続。ランニング

とは故障との戦いなのか!?と思わずにはいられないほどです。(涙)

16-10-23-19-09-03-187_deco



 特にランナー膝には悩んでいまして、もう4か月ほど、ずっと膝の状態を気にしながら走っている状態です。

 原因は走り過ぎだと言われるし、自分でも負荷が掛かっているのだろうとは思うのですが・・・


 走行距離で言うと毎月100キロ程度なんですけどね。


 ただ、100キロが全部ポイント練習っていうのが問題なのかもしれませんが・・・。


 練習レベルを落とすべきなのか、やり方を変えるべきなのか?





今までの対策

 今までの対策としてやった事は


 ・柔らかい地面を走る(芝生・トレイル)

 ・靴を変える(厚底のシューズ)

 ・トレーニング頻度を下げる

 と言った感じ。


 この中で効果が有ったって感じのは柔らかい地面を走る事。

 芝生で走ったり、三重県民の森や多度山で走ってみると、走った後の膝の痛みが、アスファルトを走った時と比べて全然無いので、柔らかい地面を走る、というのは膝にとっては優しい事のようです。




 
 あまり効果を感じなかったのはトレーニング頻度を下げる、という事。

 トレーニング頻度を下げると回復はするんですけど、練習するとすぐに痛みが出てしまいます。

 という事はトレーニング頻度に関係無く練習の仕方が悪い、と言う事なのか!?



 そして、全然効果を感じなかったのがシューズを厚底のものに変える事。

 厚底のものは着地衝撃を吸収して脚を守る、って言われていますよね?そういう話があるから厚底のシューズを買ってみたんですけど・・・

 LSDなんかをやる時には良いのかもしれないけど、ポイント練習を行うときには、シューズが沈んじゃうので余計に負荷がかかる感じ。


 又は、シューズが沈む分フォームが崩れてしまう感じもあります。



 と、こんな感じで効果的な対策を見つけられない状態が続いているんです。。。


別観点からのアプローチ

 柔らかい地面を走る事には効果を感じたけれど、実際のレースってアスファルトじゃないですか?

このままだと、レースに出る度に大きな故障を抱えてしまう、という事になりそうです。



 だけど、それは避けたい・・・。

 そこで、僕の状態をずっと看てもらっているカン整体整骨院の廣田院長の提案で、ソールの薄いシューズに変える事と、裸足でのランニングに取り組んでみる事にしました。

 僕の場合、そこそこ脚力が有るので地面を蹴る力が強いとの事。

 脚力が有る人が反発の有る厚いソールのシューズを履くと、蹴る力が分散してしまう。力が分散すると、蹴った力に対して返ってくる反発力が少ない為に余計に脚に負担が掛かってしまうそうなのです。

 だから薄いソールのものを試してみるのも有りとの事。


 ちなみに僕がメインで使っているシューズはアディダスのアディゼロ ジャパンブースト3ってい

うシューズなんですけど、これは反発が強いのであまり勧めないとの事。


 同じアディダスのシューズなら

 ・タクミ レン ブースト
 ・タクミ セン ブースト

 辺りを勧められました。


 そして、裸足でのランニングについては薄いソールのシューズを効果的に使う為のトレーニングに良いという話でした。



 人間の足は裸足で走る事で本来の機能を取り戻す、との事。

 脚力が備わってきているなら、その脚力を正しく使えるようになる事で今悩んでいる故障を解決できるようになるかもしれない。

 そういった事を目的として取り組んでみては? というアドバイスを頂きました。

 ただし、いきなり裸足で走ると足裏の皮膚を傷めてしまうので・・・

 裸足感覚で走れるシューズを試してみる事をおススメされました。


 ちなみにおススメされたのは、ビブラムっていうメーカーのファイブフィンガーというシューズです。

1477746675203
VIBRAM FIVE FINGERS KMD Sport LS



1477746679935
VIBRAM FIVE FINGERS V-Run




 ただ、これは結構値段が高く、お試しで買うにはちょっと勇気が必要ですので(笑)


 他のものを探してみたところ、同じように裸足感覚で走れるシューズとして「ランニング足袋」として売られている「無敵」っていうシューズ(足袋)を試してみる事にしました。


 このランニング足袋に関しては、後日レビューを書きます。


まとめ

 という事で長く悩んでいるランナー膝について別観点からの解決方法のアドバイスをもらったよ、って言う話でした。

 この薄いソールのシューズに切り替える事と裸足ランニングで脚力の使い方を覚える、という方向性が僕に適合するかどうかは分からないですが・・・



 一般的に言われている事を色々とやっても治らないという事は、別観点からのアプローチを試す事に可能性を感じました。



 今回取る対策が上手く行くと嬉しいですが・・・

 効果についてはこのブログに書いていきますね。

 

 では!

 小森 亜希斗

今回紹介したシューズ

adizero japan boost 3の詳細はコチラ

僕がメインで使用しているシューズです。

ランニング足袋「無敵」の詳細はコチラ

ランニング用の足袋で裸足感覚でのトレーニングを目指したシューズです。


Vibram FiveFingers KMD SPORTの詳細はコチラ

ビブラムのファイブフィンガーというシューズ。フィットネス用のモデルらしいですけど、ランニングにも使えそうです。

Vibram V-Runの詳細はコチラ

同じくビブラムファイブフィンガーのシューズ。V-RUNはランニングに特化したモデルでより裸足感覚に近い感じでした。甲部分がより薄いので耐久性がちょっと心配です。

投稿者プロフィール

小森 亜希斗
小森 亜希斗
2016年4月よりランニングを開始。
33歳からのスタートでどこまで行けるのか!?

【自己ベスト】
10Km 43:48  鈴鹿サーキット
ハーフ  1:34:27  お伊勢さんマラソン
フル   3:48:45  富山マラソン