走015326


小森三紀子です。

富山マラソン2017から約1ヶ月。

身体の疲労はとっくに回復!

しかし、なんと両足に出来た血豆がなかなか完治せず思うように走れない日が続いておりました~(。´Д⊂)


フルマラソンで立派な血豆が出来た

富山マラソン2017で今シーズン初のフルマラソンを走っていた私を襲ったのは、靴擦れでした。

30㎞を過ぎるとほぼ同時に右足の小指に激痛が走りました。

皮膚をナイフ削ぎ落とされるような、目の粗いヤスリで削られるような鋭い痛み。

思わず足を止めてしまうほど、私にとっては辛かったです。

ランニングシューズを脱いだりしながらなんとかゴールへたどり着いたものの、両足の小指は大きく腫れあがっていました。

意外にも痛みを感じなかった左足のほうが酷くて、それはもう立派な血豆に成長w

右足にも血は溜まっていましたが、左足はその倍以上に膨れててびっくりでした!!


血豆はしつこい

ランニングを始めてから血豆が出来るのは2回目。

前回も、フルマラソンを走ったときでした。



やはり何時間も時間走り続けるフルマラソンは足へのダメージが大きいのですね。

前回よりも重症だった今回は、回復にも時間がかかってしまいました。

正確には、治ってもすぐにまた靴擦れが起きるという状態か富山マラソン2017から約1ヶ月になる今日まで続いています。なげぇわ。

血豆への対処

富山マラソン2017を走った当日の夜、安全ピンで穴を開けて血を抜き(既に軽く潰れてましたが)、絆創膏を貼って対応しました。

すぐ治ると思ってたのに、裏切られましたよ。

血豆ってのは摩擦によって靴擦れを起こした幹部が悪化して現れる現象なので、血を抜いた後も皮膚は炎症起こして腫れているのですよね。

しかも今回は両足ともに重症で、最初の1週間くらいはランニングシューズが履けないくらい痛かったです。

アッパーが患部に触れるだけで痛いから、立ってるだけでも地味に辛いやつ。

疲労抜きのジョギングでは筋肉痛と血豆の痛みを庇うため、フォームがぐちゃぐちゃでしたww


なぜ血豆が出来るのか

先日ナイキエアズームペガサス34を購入した際に、店員さんに血豆の話を相談しながらサイズを検討したんです。

走015330
そのときに教えて頂いたのは、

【シューズの中で隙間が出来るから靴擦れが起きる】

というアドバイスでした。



ランニングとくにフルマラソンでは何時間も走り続ける状況で、ランニングシューズに包まれる足のストレスもさぞや過酷なもの。

サイズが小さすぎれば圧迫されるし、逆に大きすぎてもシューズのなかで遊んでしまいます。

それを聞いて、私の中のランニングシューズの選び方の概念が変わりました!


血豆を防ぐ対策

◆ランニングシューズは、自分の足に合わせたサイズを探して、ちゃんと試着して選ぶこと。

・足の実数プラス1㎝。
・足幅は適度な着圧感があり、窮屈感などストレスがないもの。

隙間がありすぎてもダメってことですね!


また、摩擦を極力減らす作戦として以下もお勧めです。

◆5本指ソックスを履く。
◆靴擦れしやすい場所にはテープを貼るなどあらかじめ保護しておく。


まとめ

富山マラソン2017でのフルマラソンで、過去最大の血豆が出来ました。

しかも、治ってはまた靴擦れができて、、というのをこの1ヶ月繰り返していることから、皮膚がかなりデリケートな状態のようです。

新しく購入したナイキエアズームペガサス34ワイドては、店員さんに見てもらいながら自分の足に合うものを選択しました。

また自分の皮膚が弱い可能性を考えて、今後はフルマラソンを走る前にはテープを巻くことも検討してみたいと思います。

皆さんもどうぞお試しあれ!



ではまた♪

小森三紀子

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29