走015311
小森三紀子です。

富山マラソン2017から今日でちょうど1ヶ月!!

なかなか治らなかった血豆がようやく落ち着いてきました~よかった、ほんと。


血豆が長引くのはなぜ?

ランニングで出来た血豆は、基本的は血を抜いたらすぐに回復へ向かいます。

それほど長引くことはない・・・はずなのですが、なぜか1ヶ月も悩まされてしまったわたしでした。

フルマラソンで余程ひどい状態に追い込んでしまった・・・というのも理由の1つですが、その後の対応もまずかったのかなぁと反省しております。

なぜ私が1ヶ月という長いこと血豆に悩まされたのか、その理由を考えてみたいと思います!



◆重症化していた
血豆はその日のうちに自分で針を刺して、血を抜いちゃいました!
でも、血を抜いても皮膚が腫れていたんですよね。

赤いし、痛いし、ヒリヒリするなぁ~と思いながら、わずかに体液が滲み続けていたのもあって絆創膏を貼って過ごす事にしました。


◆完全に治る前に走ってしまった
フルマラソンの翌日、疲労抜きのために旦那さんとジョギングをしてきました。

この日は陸王で現在話題を集めている杵屋無敵という名のランニング足袋と、ベアフット向きランニングシューズのナイキフリーランの2足を持参。
走0004
走010280

走る場所がアスファルトのロードだったので、ソールの厚みがあるナイキフリーランを選択してジョギングしました。

アッパーがメッシュになっていること、ランニングシューズ全体が柔らかい素材で出来ているナイキフリーラン。

しかし、血豆の後遺症で腫れてしまった私の小指は悲鳴をあげていました~(ToT)

◆ランニングシューズを履くのも苦痛だった
ランニングシューズって、形状がはっきりしてますよね。
これが何もしてなくても腫れている小指に当たって、さらに走る時の着地によって爪先が圧迫されるのが辛かったです。

全身の疲労は確かに抜けたど、血豆が出来た患部に関しては確実に悪影響でした、、、



◆雨の日に走ったこともNGだった
疲労もそこそこ落ち着いた頃にランニングチームの練習会へ参加したのですが、その日は生憎の雨でした。

ウェアはもちろん、どうしても水溜まりが避けられないポイントがあったことからシューズの中までびしょ濡れ。

するとシューズと靴下の間で強い摩擦が起こり、回復していたはずの小指に違和感が出始めました。

嫌な予感がしたので目標20㎞のところ15㎞でストップしましたが、時すでに遅し。

血は溜まらなかったものの、靴擦れは起こしていて再び絆創膏の出番がきました。

しばらく雨の日、水溜まりのあるコースは避けようと本気で思いました、、、

◆血豆が出来た部分の皮がデリケートすぎた
血豆が出来てしまったところの皮膚はかなりデリケートになってました。

私が皮をめくったこともありますが、怪我をしてしまった皮膚というのは非常に薄いというか、弱いみたいですね。

正しい対処は?

これらのことを考慮して、では正しい対処としてどんな行動をすべきだったのかまとめていきたいと思います。

1、ランキングシューズを履くべきではなかった。

履いてるだけで痛いと感じる時点で、ランニングシューズが履ける状態ではなかったのだと思います。

それならば、疲労抜きでも靴下または裸足で芝生を利用すれば良かったと今は思います。

2、ジョギングではなくウォーキングでも良かった。

疲労抜き、そして体力維持のためにはジョギングがよいですが、血豆の痛みがあるうちはウォーキングでも十分だったのではないかという考えです。

3、とにかく締め付けない、圧迫しない。

靴擦れが起きると、皮膚は炎症によって赤みや腫れが現れ、重症化すると血豆となります。

血豆になってしまった場合、血を抜いても患部が腫れている限りは痛むので、締め付けたり圧迫するといったストレスを与えないほうが早く回復するようです!


まとめ

マラソンで出来た血豆が長引く理由は、皮膚がデリケートな時期に患部を刺激してしまうことでした。

血豆が治りかけたところで圧迫したり摩擦によって刺激を与えてしまうことによって、再び靴擦れが出来てしまい、完治が難しくなっていたようです。



今回の反省を受け、これからマラソンで血豆が出来たときは、疲労抜きとランニングシューズの見直しを検討したいと思います。

指に出来る血豆に関してはランニング足袋、杵屋無敵を履けば痛みを感じないということも検証済みですので、足の状態に合わせたシューズ選びも大切ですね。


ではまた!

小森三紀子

投稿者プロフィール

小森 三紀子
小森 三紀子
2016年4月から旦那に連れて行かれランニングを開始(笑)
今はフルマラソンでサブ4.5を目指してトレーニング中♪

【自己ベスト】
ハーフ 2:10:45
フル  5:01:29